IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2024年01月11日

■重なる偶然(マーシャル系を目指して回路を弄ってたら本家が入庫して来た)■

■重なる偶然(マーシャル系を目指して回路を弄ってたら本家が入庫して来た)■先日来、BOSS社製のOD-2をマーシャルMODしてほしいというご依頼とは別に、以前ご用命頂いた別のお客様から再度のご入庫。これがまた偶然にも Marshall本家発のBluesbreaker(ブルースブレイカー)という機種でした。今回入庫してきたのは、使っているうちに音が出なくなったという症状の為、以前当方が弄った所が調子崩したのかなと一瞬ドキッとしたのですが、ICの下の半田クラックでした。再ハンダすると一瞬で修理完了。基板面から銅箔が剥がれたり、振動で半田がクラックしたり、エフェクタはいわゆる電気製品としては結構過酷な使用環境なので起きるときは起きるやつですね。そもそも足で踏む電気機器って事から考えると、かなり過酷です。で、音ですが、あーこれがマーシャル本家、確かにこんなだったなー、んー。なるほどなー等と、今やってるOD-2と比べてどうこう言っても全く回路も違うのでアレですが、マーシャル社が言わんとしてる事は分かる気がする。しかしよかった、深甚な破損や、自分自身が弄った部分の破損じゃなくて。かえって自信が付いた。「ブルースブレーカー、修理や改造するなら、このやり方で問題ないわ」と。各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。#irpproducts#Lifeisgreat!#Thanksformeetingme!#tradeconsultant#guitarrepair#thanksforlooking#midbooster#GuitarCustomization#GuitarModification#effectsrepair#effectors#Marshall#Bluesbreaker#貿易コンサルタント#出会いに感謝#修理#ギター修理#ギターリペア#エフェクターリペア#エフェクター#アコースティックギターリペア#プリアンプ#プリアンプリペア#ギターカスタム#ギター改造#マーシャル#ブルースブレーカー

先日来、BOSS社製のOD-2をマーシャルMODしてほしいというご依頼とは別に、以前ご用命頂いた別のお客様から再度のご入庫。
これがまた偶然にも Marshall本家発のBluesbreaker(ブルースブレイカー)という機種でした。

今回入庫してきたのは、使っているうちに音が出なくなったという症状の為、以前当方が弄った所が調子崩したのかなと一瞬ドキッとしたのですが、ICの下の半田クラックでした。再ハンダすると一瞬で修理完了。

基板面から銅箔が剥がれたり、振動で半田がクラックしたり、エフェクタはいわゆる電気製品としては結構過酷な使用環境なので起きるときは起きるやつですね。
そもそも足で踏む電気機器って事から考えると、かなり過酷です。

で、音ですが、あーこれがマーシャル本家、確かにこんなだったなー、んー。なるほどなー等と、今やってるOD-2と比べてどうこう言っても全く回路も違うのでアレですが、マーシャル社が言わんとしてる事は分かる気がする。

しかしよかった、深甚な破損や、自分自身が弄った部分の破損じゃなくて。かえって自信が付いた。「ブルースブレーカー、修理や改造するなら、このやり方で問題ないわ」と。

各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。

#irpproducts
#Lifeisgreat!
#Thanksformeetingme!
#tradeconsultant
#guitarrepair
#thanksforlooking
#midbooster
#GuitarCustomization
#GuitarModification
#effectsrepair
#effectors
#Marshall
#Bluesbreaker
#貿易コンサルタント
#出会いに感謝
#修理
#ギター修理
#ギターリペア
#エフェクターリペア
#エフェクター
#アコースティックギターリペア
#プリアンプ
#プリアンプリペア
#ギターカスタム
#ギター改造
#マーシャル
#ブルースブレーカー

楽器の製作/修理/開発/輸出入貿易コンサルの事なら何でもご相談下さい!
全てにご縁に感謝!
"We are grateful for all opportunities to connect with you."
IRP PRODUCTS Representative: Masaki Nitani (Customs Broker/Logistics Consultant)
posted by IRP Products at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクタ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月10日

■BOSS社製OD-2Marshall MODで部品交換大会と貿易作業■

■BOSS社製OD-2Marshall MODで部品交換大会と貿易作業■先日手配した部品が到着したので、仕事の合間合間に部品交換作業をしています。部品交換しながら測定してみたり。もっと良いオシロ欲しい(というか持ってて死蔵してる)んだけど、今の作業スペースでは良いのは大きすぎて作業場に持ち込んだら身動き取れなくなる。困る時もあるけど、まあなんとかかんとか。ダイオードの素材をシリコン→ゲルマに変更したら当たり前だけど効くとして(これは制限が始まる電圧がそもそも違う)、進行経路のある部品を交換した瞬間に無茶苦茶効いた。そしてシリコンとゲルマとLEDの合わせ技で使い方が面白いし、本当に一時期よく流行った使い方だよなあとしみじみ昔を思い出す。元が信号経路のある部分にバイパスコンデンサ噛ませるというアイデアなので効くのは当たり前なんですが、なぜか素材に指定が掛かっています。個人的には素材より定数弄る派なのですが、これは参った。素材同士比べてみてもびっくりする位効いた。まあこれを調べるのにめっちゃ時間かかった訳なんですけどね。だからちゃんとお客様の指定部品を使いつつ勉強になったという良い経験でした。そのほかの部品は消耗してそうな事と、指定部品なのでその通りに合わせてます。ブロック型のメタライズド型コンデンサは基板に対して座りがいいから、サイズが許す限り使うのが好きな部品です。取り敢えず、ちゃんと鳴ったのでこれから細かく調整して音出し。ダイオード交換してるんで当然歪み音は大分変わるんですが、ターボモードの歪み音の倍音の出方が変わって密度が上がったようなイメージです。後トーンコントロールの利きが緩やかに。これはシミュレーター通りだったからこんなもんかな。しかし、数年前の事を思えば、電子部品、マジで入手性も悪く、値段がびっくりするような事になっていて、修理単価に思いっきり跳ね返るから気持ちのいい物ではないですね。。外した部品は本当にお疲れ様。手を合わせてパッキングしてお客様にお返しします。音の違い、動画録るには録ったけど、どうにも撮影も編集もダメだ。時間もセンスもない。動画ってホント難しいですね。後は、写真とかどうにもできないんですが、貿易仕事も一件こなして、無事終了。次のバックオーダーも頂いた。大変ありがたい限りです。今年は去年みたいにのんびりしてられないので、大分頑張らないと。そして頑張れるその事自体に有難みを噛み締めて。各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。#irpproducts#tradeconsultant#guitarrepair#guitaramp#midbooster#GuitarCustomization#GuitarModification#guitarcable#electronicwork#onbordpreamp#electricguitar#貿易コンサルタント#エレキギター#出会いに感謝#ギター修理#ギターリペア#エフェクターリペ#プリアンプ#ギターアンプ#ギター改造#生かされている事に感謝#MarshallMOD#effector#OD2



先日手配した部品が到着したので、仕事の合間合間に部品交換作業をしています。
部品交換しながら測定してみたり。
もっと良いオシロ欲しい(というか持ってて死蔵してる)んだけど、今の作業スペースでは良いのは大きすぎて作業場に持ち込んだら身動き取れなくなる。
困る時もあるけど、まあなんとかかんとか。

ダイオードの素材をシリコン→ゲルマに変更したら当たり前だけど効くとして(これは制限が始まる電圧がそもそも違う)、進行経路のある部品を交換した瞬間に無茶苦茶効いた。
そしてシリコンとゲルマとLEDの合わせ技で使い方が面白いし、本当に一時期よく流行った使い方だよなあとしみじみ昔を思い出す。
元が信号経路のある部分にバイパスコンデンサ噛ませるというアイデアなので効くのは当たり前なんですが、なぜか素材に指定が掛かっています。

個人的には素材より定数弄る派なのですが、これは参った。素材同士比べてみてもびっくりする位効いた。
まあこれを調べるのにめっちゃ時間かかった訳なんですけどね。だからちゃんとお客様の指定部品を使いつつ勉強になったという良い経験でした。
そのほかの部品は消耗してそうな事と、指定部品なのでその通りに合わせてます。

ブロック型のメタライズド型コンデンサは基板に対して座りがいいから、サイズが許す限り使うのが好きな部品です。
取り敢えず、ちゃんと鳴ったのでこれから細かく調整して音出し。
ダイオード交換してるんで当然歪み音は大分変わるんですが、ターボモードの歪み音の倍音の出方が変わって密度が上がったようなイメージです。

後トーンコントロールの利きが緩やかに。これはシミュレーター通りだったからこんなもんかな。

しかし、数年前の事を思えば、電子部品、マジで入手性も悪く、値段がびっくりするような事になっていて、修理単価に思いっきり跳ね返るから気持ちのいい物ではないですね。。

外した部品は本当にお疲れ様。手を合わせてパッキングしてお客様にお返しします。

音の違い、動画録るには録ったけど、どうにも撮影も編集もダメだ。時間もセンスもない。動画ってホント難しいですね。

後は、写真とかどうにもできないんですが、貿易仕事も一件こなして、無事終了。
次のバックオーダーも頂いた。大変ありがたい限りです。
今年は去年みたいにのんびりしてられないので、大分頑張らないと。

そして頑張れるその事自体に有難みを噛み締めて。

各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。



楽器の製作/修理/開発/輸出入貿易コンサルの事なら何でもご相談下さい!
全てにご縁に感謝!
"We are grateful for all opportunities to connect with you."
IRP PRODUCTS Representative: Masaki Nitani (Customs Broker/Logistics Consultant)
posted by IRP Products at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月07日

■「Marshall MOD」のMarshallらしさって何だろうか■

■「Marshall MOD」のMarshallらしさって何だろうか■昨日に引き続きペダルの改造プランニング。何度もご愛顧頂いているY様からご依頼のエフェクタ改造案件で、これも年末年始頭を悩ませていたもの。一昔前に流行ったBOSS社製エフェクターOD-2の「Marshall MOD」に関するご依頼なのですが、一部指定パーツが手に入らない事、そもそも「Marshall」MODってさ、何をもってしてそういう風に言うの??という自問自答でシミュレーターをぶん回していたら年が明けたというそんな話です。当方、自分で説明が付かないネットの引き写し改造はしてはいけないと考えておりますので、改造にはそれなりのに理由付けと測定をします。その他には作業の順番等でお客様をお待たせしてしまっていて申し訳なく思っております。しかし、BOSS社の回路(図)、どの機種見ても凄いよ、技術もお金掛かってる。そういえば、BOSS社というか大元のローランド社は、浜松に移る前は住之江の南港大橋を渡った直ぐのとこに工場が有ったとか。南港の畔で暮らす身としては寂しい話。ずっと有って欲しかった様な気もするけれど。それで話を元に戻すと、シミュレーター回してたら、OD-2に対する「Marshall」MODって波形的な理由をほぼ突き止める。(ほぼというのは、実際に組んでいない為。前にこの類のマーシャルのコピー品を修理した時にたまたまうちに来て弾いてくれた知人曰く「まぁしゃる」って言ってたな。ひらがなで和文ってのがそういう事なんだろう)それでやっと部品の調達のリスト作成まで漕ぎつける。「音」ってどんだけやってもわからんよねー。面白いけどやっぱり効率の悪い長い道のりだ。単にコピーするだけの人生だったらどんだけ楽か笑各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。#irpproducts#tradeconsultant#guitarrepair#guitaramp#midbooster#GuitarCustomization#GuitarModification#guitarcable#electronicwork#onbordpreamp#electricguitar#貿易コンサルタント#エレキギター#出会いに感謝#ギター修理#ギターリペア#エフェクターリペ#プリアンプ#ギターアンプ#ギター改造#生かされている事に感謝#MarshallMOD#effector #OD2

昨日に引き続きペダルの改造プランニング。
何度もご愛顧頂いているY様からご依頼のエフェクタ改造案件で、これも年末年始頭を悩ませていたもの。

一昔前に流行ったBOSS社製エフェクターOD-2の「Marshall MOD」に関するご依頼なのですが、一部指定パーツが手に入らない事、そもそも「Marshall」MODってさ、何をもってしてそういう風に言うの??という自問自答でシミュレーターをぶん回していたら年が明けたというそんな話です。

当方、自分で説明が付かないネットの引き写し改造はしてはいけないと考えておりますので、改造にはそれなりのに理由付けと測定をします。その他には作業の順番等でお客様をお待たせしてしまっていて申し訳なく思っております。

しかし、BOSS社の回路(図)、どの機種見ても凄いよ、技術もお金掛かってる。

そういえば、BOSS社というか大元のローランド社は、浜松に移る前は住之江の南港大橋を渡った直ぐのとこに工場が有ったとか。
南港の畔で暮らす身としては寂しい話。ずっと有って欲しかった様な気もするけれど。

それで話を元に戻すと、シミュレーター回してたら、OD-2に対する「Marshall」MODって波形的な理由をほぼ突き止める。
(ほぼというのは、実際に組んでいない為。前にこの類のマーシャルのコピー品を修理した時にたまたまうちに来て弾いてくれた知人曰く「まぁしゃる」って言ってたな。ひらがなで和文ってのがそういう事なんだろう)

それでやっと部品の調達のリスト作成まで漕ぎつける。

「音」ってどんだけやってもわからんよねー。

面白いけどやっぱり効率の悪い長い道のりだ。単にコピーするだけの人生だったらどんだけ楽か笑

各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。

#irpproducts
#tradeconsultant
#guitarrepair
#guitaramp
#midbooster
#GuitarCustomization
#GuitarModification
#guitarcable
#electronicwork
#onbordpreamp
#electricguitar
#貿易コンサルタント
#エレキギター
#出会いに感謝
#ギター修理
#ギターリペア
#エフェクターリペ
#プリアンプ
#ギターアンプ
#ギター改造
#生かされている事に感謝
#MarshallMOD
#effector
#OD2
posted by IRP Products at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクタ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月06日

■ROSS社製リイシューCHORUSペダルの改造について■

年末にT様からご用命頂いていたROSS社製のリイシューchorusペダルのMOD作業で頭を捻り倒していました。というのもこの子、70年代モノとは違い、表面実装基板に生まれ変わって機能も追加されていました。つまり一部を除けば破損するとほぼ修理不可能な代物、ユニット交換での修理対応なのでしょう。今回のご依頼主のT様的には使い難い部分が有ってそこを改善したいという話で、それが幸いアナログ的な動きをする部分でした。具体的にはコーラスとビブラートを切り替えるスイッチをエクスプレッションペダルで外部コントロールしたいという話なのですが、、音質を犠牲にすること無く実現となると、完全に専用スイッチを一個作るしかないなと。ここまでは既にT様に各種ご了承を頂いています。ただ、それをするにも様々な条件に阻まれたり、使用上の安全面なんかも考慮したり、極めてシンプルな構成で実現する事、そんな感じの事に年末年始に頭を捻っていたという感じです。本体からエクスプレッションペダルに接続するのもあんまり特殊なプラグやケーブルを使ったらそれこそ現場でリカバリーが効かないし、誤接続なんかもヤバいし。なんとなく、これならいけそうかなという光が見えてきた感じなので、後は部品を手配してブレッドボードに組んで実験してみてって感じです。これ俯瞰から見たら、結果そんなに難しい事じゃないんですが、色んな過程に難が有りますね。だからこういうことがやめられない。各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。#irpproducts#tradeconsultant#guitarrepair#guitaramp#midbooster#GuitarCustomization#GuitarModification#guitarcable#recording#electronicwork#onbordpreamp#electricguitar#貿易コンサルタント#エレキギター#出会いに感謝#ギター修理#ギターリペア#エフェクターリペア#エフェクター#アコースティックギターリペア#プリアンプ#プリアンプリペア#エフェクター改造#ギター改造#生かされている事に感謝#ROSSCHORUS

年末にT様からご用命頂いていたROSS社製のリイシューchorusペダルのMOD作業で頭を捻り倒していました。

というのもこの子、70年代モノとは違い、表面実装基板に生まれ変わって機能も追加されていましたました。つまり一部を除けば破損するとほぼ修理不可能な代物、ユニット交換での修理対応なのでしょう。

今回のご依頼主のT様的には使い難い部分が有ってそこを改善したいという話で、それが幸いアナログ的な動きをする部分でした。
具体的にはコーラスとビブラートを切り替えるスイッチをエクスプレッションペダルで外部コントロールしたいという話なのですが、、

音質を犠牲にすること無く実現となると、完全に専用スイッチを一個作るするしかないなと。

ここまでは既にT様に各種ご了承を頂いています。

ただ、それをするにも様々な条件に阻まれたり、使用上の安全面なんかも考慮したり、極めてシンプルな構成で実現する事、そんな感じの事に年末年始に頭を捻っていたという感じです。
本体からエクスプレッションペダルに接続するのもあんまり特殊なプラグやケーブルを使ったらそれこそ現場でリカバリーが効かないし、誤接続なんかもヤバいし。

なんとなく、これならいけそうかなという光が見えてきた感じなので、後は部品を手配してブレッドボードに組んで実験してみてって感じです。

これ俯瞰から見たら、結果そんなに難しい事じゃないんですが、色んな過程に難が有りますね。

だからこういうことがやめられない。

各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。

#irpproducts
#tradeconsultant
#guitarrepair
#guitaramp
#midbooster
#GuitarCustomization
#GuitarModification
#guitarcable
#recording
#electronicwork
#onbordpreamp
#electricguitar
#貿易コンサルタント
#エレキギター
#出会いに感謝
#ギター修理
#ギターリペア
#エフェクターリペア
#エフェクター
#アコースティックギターリペア
#プリアンプ
#プリアンプリペア
#エフェクター改造
#ギター改造
#生かされている事に感謝
#ROSSCHORUS

posted by IRP Products at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月04日

■新年から平穏に過ごせる有難みをかみしめる事■

皆様あけましておめでとうございます2023年に限らずほぼほぼ暮れも仕事をし続ける羽目になるのですが、漸くの元旦そこにウトウトししながら…正月なのにも関わらず、何にも変わらない、今年こそはの穏やかな新年を迎えている事の幸せたるや。そこにただ事じゃないっていう地震。羽田空港の事故、その時のなんでもないっていう、切り裂かれていく日常/毎日のありがみ、みたいなもの。このお正月、おそらく北陸お親戚んちへ帰ってきたりとか。家族帰ってきたりとかで、もう楽しいことづくめの予定だった人の所に、突然こういう災害がくるのに比べて、今まで俺がこの年明けが、普通だっていうことに対する愚痴の罪深さみたいものを感じながら。まぁなんか過ごしましたね。恐らくですけど、あんな感じの…そんな感じで始まった2024年ですけど、まぁ忘れない。多分一生忘れないで、またご当地の人からしてみると、まぁそれ直のことっていう感じだとは思うんですけどね。いや、まさか2024年がこんな感じのスタートになってしまって。何より、地震の影響下にある方、被災されてる方。お見舞い申し上げます。その範囲内にいらっしゃる方、ご無事である事、ご安全を祈り…それから、まず優先するのは安全確保、とにかく安全確保ということで。常にですね、自分の身の安全、もしくは身内の方や仲間の身の安全を優先になさってください。中には、いろんな方の中には、こういう時だからこそ、ちょっと息抜きに趣味のギタークラスタを覗いて現実逃避しようぜという方もいると信じて。まだまだ状況的にはあまり良い話が出てきていないわけですし、羽田の事故に至っては、当事者さん達は善意と職務上の責任感や色んな感情ががないまぜになっていて最早目も当てられない状況なわけで。JALの地上部隊に関してはサラリーマン時代の古巣の一部署が関係している為、すごい事をやってのけたなと本当に頭が下がる思いです。僕にはどうやったって本当(何が本当??)の情報を発信する能力はありませんし、出来る事はただ粛々と貿易作業とギターやエフェクタの修理のみ。そんな日々を過ごせる有難みをかみしめながら、新たな新年を歩んでいこうと思います。(因みにこの三枚目のギター、あるご縁で手に入れたのですが、東北のあの災害を生き抜いたものです。そんな事を思い出し、これが僕の一つの戒めでもあるのです)富山の友人リペアマンが無事な事は確認んできて少しホッとしています昔のメーカー時代の同僚が富山に帰ったと聞いてはいるのですが、連絡先もわからないのでどうしてるのかもわからない。石川県には取引先や納品先が幾つか有って、サラリーマンから離れた後途切れては居ましたがご無事であればよいのですが。きっと、皆さんがそれぞれに力強く何とか前に進めるとと信じて、そしてそのことに微力ながら力になれる事とが有ればと考え続けて今年は生きていくのでしょう。各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。#irpproducts#tradeconsultant#guitarrepair#guitaramp#midbooster#GuitarCustomization#GuitarModification#guitarcable#recording#electronicwork#onbordpreamp#electricguitar#貿易コンサルタント#エレキギター#出会いに感謝#ギター修理#ギターリペア#エフェクターリペ#プリアンプ#ギターアンプ#ギター改造#生かされている事に感謝#HappyNewYear2024#この日を忘れない

皆様あけましておめでとうございます。
2023年に限らずほぼほぼ暮れも仕事をし続ける羽目になるのですが、漸くの元旦そこにウトウトししながら…正月なのにも関わらず、何にも変わらない、今年こそはの穏やかな新年を迎えている事の幸せたるや。
そこにただ事じゃないっていう地震。羽田空港の事故、その時のなんでもないっていう、切り裂かれていく日常/毎日のありがみ、みたいなもの。
このお正月、おそらく北陸お親戚んちへ帰ってきたりとか。家族帰ってきたりとかで、もう楽しいことづくめの予定だった人の所に、突然こういう災害がくるのに比べて、今まで俺がこの年明けが、普通だっていうことに対する愚痴の罪深さみたいものを感じながら。まぁなんか過ごしましたね。恐らくですけど、あんな感じの…そんな感じで始まった2024年ですけど、まぁ忘れない。
多分一生忘れないで、またご当地の人からしてみると、まぁそれ直のことっていう感じだとは思うんですけどね。
いや、まさか2024年がこんな感じのスタートになってしまって。

何より、地震の影響下にある方、被災されてる方。お見舞い申し上げます。
その範囲内にいらっしゃる方、ご無事である事、ご安全を祈り…それから、まず優先するのは安全確保、とにかく安全確保ということで。
常にですね、自分の身の安全、もしくは身内の方や仲間の身の安全を優先になさってください。
中には、いろんな方の中には、こういう時だからこそ、ちょっと息抜きに趣味のギタークラスタを覗いて現実逃避しようぜという方もいると信じて。

まだまだ状況的にはあまり良い話が出てきていないわけですし、羽田の事故に至っては、当事者さん達は善意と職務上の責任感や色んな感情ががないまぜになっていて最早目も当てられない状況なわけで。
JALの地上部隊に関してはサラリーマン時代の古巣の一部署が関係している為、すごい事をやってのけたなと本当に頭が下がる思いです。
僕にはどうやったって本当(何が本当??)の情報を発信する能力はありませんし、出来る事はただ粛々と貿易作業とギターやエフェクタの修理のみ。そんな日々を過ごせる有難みをかみしめながら、新たな新年を歩んでいこうと思います。
(因みにirp.instagramこの三枚目のギター、あるご縁で手に入れたのですが、東北のあの災害を生き抜いたものです。そんな事を思い出し、これが僕の一つの戒めでもあるのです)

富山の友人リペアマンが無事な事は確認んできて少しホッとしています
昔のメーカー時代の同僚が富山に帰ったと聞いてはいるのですが、連絡先もわからないのでどうしてるのかもわからない。
石川県には取引先や納品先が幾つか有って、サラリーマンから離れた後途切れては居ましたがご無事であればよいのですが。
きっと、皆さんがそれぞれに力強く何とか前に進めるとと信じて、そしてそのことに微力ながら力になれる事とが有ればと考え続けて今年は生きていくのでしょう。
各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。

Happy New Year everyone!
I am almost always working at the end of the year, not only in 2023, but almost always at the end of the year as well, but finally on New Year's Day, as I was falling asleep...I was happy to see that even though it is the New Year, nothing has changed and I am welcoming a peaceful New Year, which is the first time this year.
Then there was the earthquake, which was not an ordinary occurrence. The accident at Haneda Airport, and the feeling of nothingness, of everyday life being torn apart, of gratitude.
This New Year's, I will probably go back to my relatives in Hokuriku. I felt guilty for complaining that my New Year's day has been so normal, compared to the sudden disaster that struck someone who was already planning to have a lot of fun with his family coming back. Well, I spent some time there. I will never forget the year 2024, which started like that.
I will probably never forget it, and I think that the people in my hometown will think that it was just a normal thing.
No, I didn't expect 2024 to start like this.
Above all, to those who are under the influence of the earthquake and those who are suffering from the disaster, please accept my deepest sympathy. My deepest sympathies go out to those who have been affected by the earthquake.
I pray for the safety of those who are within the area of the earthquake, and I hope that you are safe.
Always put your own safety or the safety of your relatives and friends first.
I believe that some of you, among various other people, may want to take a break and look into the guitar hobby cluster to escape from reality at a time like this.
The situation is still not very good, and in the case of the accident at Haneda, the people involved have a mixture of good intentions, a sense of professional responsibility, and various other emotions, and it is a situation that is hard to look at.
As for JAL's ground troops, I am really bowled over by the fact that they have done such an amazing job, as one of my old departments was involved when I was a salaried employee.
I don't have the ability to provide real (what's real?) information, no matter how I try. I don't have the ability to transmit real (what's real?) information, and all I can do is solemnly work on the trade and repair guitars and effectors. I'm thankful to be able to spend my days like that, and I'm looking forward to a new New Year.
(By the way, this third guitar, which I acquired through a certain chance, survived the disaster in Tohoku. ) This reminds me of that, and this is one of my commandments.
I am a little relieved to confirm that my repairman friend in Toyama is safe and sound.
I have heard that a colleague of mine from my old days as a manufacturer has returned to Toyama, but I don't know how he is doing because I don't have his contact information.
I hope he is safe and sound, although he has several business partners and delivery sites in Ishikawa Prefecture that have been disconnected since he left the office.
I am sure that each of you will be able to move forward strongly and somehow, and I will continue to think about how I can be of some help in this regard this year.
Please feel free to contact us by DM, SNS, or E-MAIL (info-form@i-r-p.net) for any in Happy New Year everyone!
I am almost always working at the end of the year, not only in 2023, but almost always at the end of the year as well, but finally on New Year's Day, as I was falling asleep...I was happy to see that even though it is the New Year, nothing has changed and I am welcoming a peaceful New Year, which is the first time this year.
Then there was the earthquake, which was not an ordinary occurrence. The accident at Haneda Airport, and the feeling of nothingness, of everyday life being torn apart, of gratitude.
This New Year's, I will probably go back to my relatives in Hokuriku. I felt guilty for complaining that my New Year's day has been so normal, compared to the sudden disaster that struck someone who was already planning to have a lot of fun with his family coming back. Well, I spent some time there. I will never forget the year 2024, which started like that.
I will probably never forget it, and I think that the people in my hometown will think that it was just a normal thing.
No, I didn't expect 2024 to start like this.
Above all, to those who are under the influence of the earthquake and those who are suffering from the disaster, please accept my deepest sympathy. My deepest sympathies go out to those who have been affected by the earthquake.
I pray for the safety of those who are within the area of the earthquake, and I hope that you are safe.
Always put your own safety or the safety of your relatives and friends first.
I believe that some of you, among various other people, may want to take a break and look into the guitar hobby cluster to escape from reality at a time like this.
The situation is still not very good, and in the case of the accident at Haneda, the people involved have a mixture of good intentions, a sense of professional responsibility, and various other emotions, and it is a situation that is hard to look at.
As for JAL's ground troops, I am really bowled over by the fact that they have done such an amazing job, as one of my old departments was involved when I was a salaried employee.
I don't have the ability to provide real (what's real?) information, no matter how I try. I don't have the ability to transmit real (what's real?) information, and all I can do is solemnly work on the trade and repair guitars and effectors. I'm thankful to be able to spend my days like that, and I'm looking forward to a new New Year.
(By the way, this third guitar, which I acquired through a certain chance, survived the disaster in Tohoku. ) This reminds me of that, and this is one of my commandments.
I am a little relieved to confirm that my repairman friend in Toyama is safe and sound.
I have heard that a colleague of mine from my old days as a manufacturer has return quiries or requests regarding repair, modification, effector production, or trade of various musical instruments.



posted by IRP Products at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月01日

2024年年始のご挨拶


20231229_2024新年のご挨拶_page-0001.jpg

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。皆様の新年が実り多きものになります事を心よりお祈り申し上げております。
本年も更に貿易/輸出入通関、ギター/ベースリペアの技術のスキルを高め、融合させ、お客様に最高のサービスを提供すること、そして貿易、音楽、楽器などのカテゴリーに留まる事無く、お客様、お取引先皆様とのつながりを更に深め、皆様に喜びと満足をお届けできるよう、より一層の努力をしてまいります。
2024年もどうぞ貿易とギターリペアのIRP PRODUCTSを宜しくお願い申し上げます。
IRP PRODUCTS代表:新谷まさき
2024年1月1日元旦


Happy New Year everyone!
Thank you very much for your support during the past year. We sincerely hope that your New Year will be a fruitful one.
This year, we will continue to improve and integrate our skills in trade/import/export customs clearance and guitar/base repair techniques to provide the best service to our customers, and to further deepen our relationships with our customers and business partners, not only in the categories of trade, music, and musical instruments, to deliver joy and satisfaction to everyone. We will continue to make every effort to deliver joy and satisfaction to all of our customers and business partners.
We look forward to serving you in 2024 as IRP PRODUCTS for trade and guitar repair."
IRP PRODUCTS Representative: Masaki Nitani
New Year's Day, January 1, 2024
posted by IRP Products at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月31日

【2024年のカレンダー配布のご案内】

■カレンダー配布のお知らせ■サラリーマン時代、年末と言えば、自社のカレンダーを抱えて配り歩いたり、もらう側だったりしたものですが、まあ結局大半使わないんですよね。もったいない話。そんな訳で個人的には毎年、特定のお客様にファイルでお送りして、ご入用であればプリントアウトして使って頂けるようにカレンダーをお配りしておりました。ただまあ、それも個人的な年末年始のメールに添付するというのもなんだかなーという気もしてきているのも事実で、ファイル全体をフリー公開配布する事に致しました。インスタグラムはリンクが張れませんのでご用命の方は当方フェイスブックかblogよりダウンロードできるようにしておきます。(又はDMをくださいませ)ご入用であればぜひご活用ください。PDFはそのままプリントアウト時に用紙の大きささえ指定して頂けば、片面印刷可能です。Jpg、エクセルファイルの原紙も同梱してあります。お好きに編集してお使いください。(A4,A5の横書き辺りで使えます)私は毎年自分のビジネス手帳にプリントアウトして使用しています。こうしておくと差し替えが必要になった場合、そこだけプリントアウトすればよいのでちょうどいいかなと。ただ昨今のSDG's的には紙は目の敵なのでどうなんだろうねえ?という事なんですが、うちは元々電子データしか作ってませんし、売る様なモノでもないですし公開配布する事にしました。そもそも、このようなファイルもロートルになっていくんでしょうねえ。今はいいアプリがいっぱいあるんですから。でもねーこういうの好きなんですよね。未だに。各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります#irpproducts#tradeconsultant#guitarrepair#guitaramp#midbooster#GuitarCustomization#GuitarModification#guitarcable#recording#electronicwork#onbordpreamp#electricguitar#貿易コンサルタント#エレキギター#出会いに感謝#ギター修理#ギターリペア#エフェクターリペア#エフェクター#アコースティックギターリペア#プリアンプ#プリアンプリペア#ギターアンプ#ギター改造#生かされている事に感謝#2024年カレンダー



■カレンダー配布のお知らせ■
サラリーマン時代、年末と言えば、自社のカレンダーを抱えて配り歩いたり、もらう側だったりしたものですが、まあ結局大半使わないんですよね。もったいない話。

そんな訳で個人的には毎年、特定のお客様にファイルでお送りして、ご入用であればプリントアウトして使って頂けるようにカレンダーをお配りしておりました。

ただまあ、それも個人的な年末年始のメールに添付するというのもなんだかなーという気もしてきているのも事実で、ファイル全体をフリー公開配布する事に致しました。

20231231_2024年カレンダーpages-to-jpg&pdf.zip
ご入用であればぜひご活用ください。

●PDFはそのままプリントアウト時に用紙の大きささえ指定して頂けば、片面印刷可能です。
Jpg、エクセルファイルの原紙も同梱してあります。
お好きに編集してお使いください。(A4,A5の横書き辺りで使えます)

私は毎年自分のビジネス手帳にプリントアウトして使用しています。
こうしておくと差し替えが必要になった場合、そこだけプリントアウトすればよいのでちょうどいいかなと。

ただ昨今のSDG's的には紙は目の敵なのでどうなんだろうねえ?という事なんですが、うちは元々電子データしか作ってませんし、売る様なモノでもないですし公開配布する事にしました。

そもそも、このようなファイルもロートルになっていくんでしょうねえ。今はいいアプリがいっぱいあるんですから。

でもねーこういうの好きなんですよね。未だに。

各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります

#irpproducts
#tradeconsultant
#guitarrepair
#guitaramp
#midbooster
#GuitarCustomization
#GuitarModification
#guitarcable
#recording
#electronicwork
#onbordpreamp
#electricguitar
#貿易コンサルタント
#エレキギター
#出会いに感謝
#ギター修理
#ギターリペア
#エフェクターリペア
#エフェクター
#アコースティックギターリペア
#プリアンプ
#プリアンプリペア
#ギターアンプ
#ギター改造
#生かされている事に感謝
#2024年カレンダー
posted by IRP Products at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ストラップピンの交換は初期が大事という話■

■ストラップピンの交換は初期が大事という話■少し前の投稿で、ストラップピンの交換や増し締めは初期対応が大#ストラップピン ました。エレキ系の楽器に限らず楽器は全てそこそこの自重を持っています。特にエレキギターは重い楽器の部類に入ります。軽い仕様の物も存在しますけど、総メイプル仕様や、銘木仕様の楽器などは得てして重かったりします。当然楽器に木ネジで打たれたストラップピンにストラップ(ベルト)を引っかけて体に固定して使用されますが、重い楽器の場合どうしても本体側の木ネジや、その打たれた木部が痛みます。そうなった場合、木部の修復が必要なのですが、この修理を適切に行わないと、後々に木ネジが利かなくなって、大事な時(特にステージでストラップピンが抜けるという)事故が起きる事が有ります。今回はそのような不適切な修理がなされていた例をどのように修理するかの方法を画像にて説明してみます。まず、元々のストラップピンが緩んだ際に増し締めを数回行うとまず間違いなく木部のネジ山が崩れてダメになります。これは良く有る事ですし、致し方が有りません。問題はこの次で、個々の爪楊枝等を差し込んでその上から再度木ネジを捻じ込んでいく方法でいく方法。●これも応急処置としては1回2回は使えます。ただこの辺りからだんだん怪しくなって来て、ストラップピンが抜けてしまいやすくなります。これを繰り返せばどんどん元の穴が広がり、元のネジも効かなくなり、ストラップピンその物取り付けがそのままでは出来なくなります。そんな訳で、今回お預りしていたCHARVEL/MODEL6に関して、6弦側のストラップピンがここまで書いたような症状に陥っていました。この場合は、応急処置されてグズグスになってしまった木部をすべて削り落とし、ネジが効く硬い木に入れ替えてあげなければならないと判断しました。ハンドドリルなんかで患部を簡単にぶち抜く方法も有るんですが、木の柔らかい方にドリルビットが逃げたり、手がブレたりで、穴が楕円になります。これでは、新しく埋木をしても強度があまり保てないと考える為、私は必ずボール盤で出来得る限り真円を目指して穴を開けなおして患部を削り飛ばします。ここに硬い埋木(ローズ、ラミン、メイプル、クルミ、竹等、今回はラミンを使用しました)色んな材質の物を状況に応じて使い分けて埋めます。そしてタイトボンドで丸棒を接着し、削り出したら患部の修理は完成。ここから先の塗装なんかはご予算次第ですが、ほぼストラップピンで隠れてしまう場合が殆どなので大体こんな修理方法で終了です。(恥ずかしながらメタリックって部分塗装してもパーフェクトに上手くは行かないです。ごめんなさい。精進します)ストラップピンはたかが/されどの範疇ですが管理を甘く見てると本番で痛い目を見る事が有るのでご留意されてくださいね。皆様のストレスフリーなステージアクションのご参考になれば幸いですし、楽しみにしております。各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。#irpproducts#tradeconsultant#guitarrepair#guitaramp#midbooster#GuitarCustomization#GuitarModification#guitarcable#recording#electronicwork#onbordpreamp#electricguitar#貿易コンサルタント#エレキギター#出会いに感謝#ギター修理#ギターリペア#エフェクターリペア#エフェクター#アコースティックギターリペア#プリアンプ#プリアンプリペア#ギターアンプ#ギター改造#生かされている事に感謝#ストラップピン

修理記事の主戦場をfacebookInstagramに移してからBLOGの方がかなりおろそかになっておりますが、気が付いたらシーサーブログにもInstagramへの直リンク機能が備わっていることに今更ながら気が付きましたので色々使ってみる年末のテストです。
(上のリンクをクリックするとインスタの当該リンクに飛びます)


■ストラップピンの交換は初期が大事という話■
少し前の投稿で、ストラップピンの交換や増し締めは初期対応が大事なる旨、書きました。
エレキ系の楽器に限らず楽器は全てそこそこの自重を持っています。
特にエレキギターは重い楽器の部類に入ります。
軽い仕様の物も存在しますけど、総メイプル仕様や、銘木仕様の楽器などは得てして重かったりします。
当然楽器に木ネジで打たれたストラップピンにストラップ(ベルト)を引っかけて体に固定して使用されますが、重い楽器の場合どうしても本体側の木ネジや、その打たれた木部が痛みます。
そうなった場合、木部の修復が必要なのですが、この修理を適切に行わないと、後々に木ネジが利かなくなって、大事な時(特にステージでストラップピンが抜けるという)事故が起きる事が有ります。
今回はそのような不適切な修理がなされていた例をどのように修理するかの方法を画像にて説明してみます。
まず、元々のストラップピンが緩んだ際に増し締めを数回行うとまず間違いなく木部のネジ山が崩れてダメになります。
これは良く有る事ですし、致し方が有りません。
問題はこの次で、個々の爪楊枝等を差し込んでその上から再度木ネジを捻じ込んでいく方法でいく方法。
●これも応急処置としては1回2回は使えます。
ただこの辺りからだんだん怪しくなって来て、ストラップピンが抜けてしまいやすくなります。
これを繰り返せばどんどん元の穴が広がり、元のネジも効かなくなり、ストラップピンその物取り付けがそのままでは出来なくなります。
そんな訳で、今回お預りしていたCHARVEL/MODEL6に関して、6弦側のストラップピンがここまで書いたような症状に陥っていました。
この場合は、応急処置されてグズグスになってしまった木部をすべて削り落とし、ネジが効く硬い木に入れ替えてあげなければなりません。
ハンドドリルなんかで患部を簡単にぶち抜く方法も有るんですが、木の柔らかい方にドリルビットが逃げたり、手がブレたりで、穴が楕円になります。
これでは、新しく埋木をしても強度があまり保てないと考える為、私は必ずボール盤で出来得る限り真円を目指して穴を開けなおして患部を削り飛ばします。
ここに硬い埋木(ローズ、ラミン、メイプル、クルミ、竹等、今回はラミンを使用しました)色んな材質の物を状況に応じて使い分けて埋めます。
そしてタイトボンドで丸棒を接着し、削り出したら患部の修理は完成。
ここから先の塗装なんかはご予算次第ですが、ほぼストラップピンで隠れてしまう場合が殆どなので大体こんな修理方法で終了です。
(恥ずかしながらメタリックって部分塗装してもパーフェクトに上手くは行かないです。ごめんなさい。精進します)
ストラップピンはたかが/されどの範疇ですが管理を甘く見てると本番で痛い目を見る事が有るのでご留意されてくださいね。
皆様のストレスフリーなステージアクションのご参考になれば幸いですし、楽しみにしております。
各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。

■Strap pin replacement is all about the initial response.
A while ago, I wrote about the importance of initial response when replacing or retightening strap pins.
Not only electric instruments, but all instruments have a certain amount of dead weight.
Especially electric guitars are among the heaviest instruments.
There are some lightweight instruments, but those made of maple or other fine woods are usually heavier than others.
Naturally, the instrument is used by hooking a strap (belt) to a strap pin driven in with a wooden screw and securing it to the body, but if the instrument is heavy, the wooden screw on the body side or the wooden part driven in will inevitably be damaged.
When this happens, the wood needs to be repaired, but if this repair is not done properly, the wood screws may not work properly and accidents may occur later on (especially when the strap pins fall out on stage).
In this article, we will try to explain how to repair such improperly repaired cases with pictures.
First of all, if the original strap pin is loosened and retightened several times, it is certain that the wood threads will collapse and ruin the strap pin.
This is common and unavoidable.
The next problem is to insert individual toothpicks and twist the wood screws back in over the toothpicks.
This can also be used once or twice as a first aid measure.
However, the strap pin will start to become more and more difficult to remove from this area, and the strap pin will easily come loose.
If you keep doing this, the original hole will get wider and wider, and the original screw will no longer work, and the strap pin itself will not be able to be installed as it is.
This is why the strap pin on the 6th string side of the CHARVEL/MODEL6 we received this time was suffering from the symptoms described above.
In this case, it is necessary to remove all the wood that has become soggy from the first aid kit and replace it with hard wood that can be screwed in.
There is an easy way to drill out the affected area with a hand drill, but the drill bit may run into the softer side of the wood, or the hand may shake, resulting in an oval hole.
I always re-drill the hole with a drilling machine to make it as circular as possible, and then shave off the affected area.
I then fill the hole with hard wood (rose, ramin, maple, walnut, bamboo, etc.; I used ramin this time) of various materials, depending on the situation.
Then, glue the round bar with tight bond, cut it out, and the repair of the affected area is complete.
The paint job depends on your budget, but in most cases, the strap pins are almost completely hidden, so the repair is usually completed in this manner.
(I am ashamed to say that metallic paint doesn't work perfectly even if it is partially painted. Sorry about that. I'll work on it.)
Strap pins are just one of those things, but if you underestimate the care of them, you may have a painful experience on the stage.
We hope this will help you to have a stress-free stage action, and we look forward to seeing you on stage.
Please feel free to contact us by DM, SNS, or E-MAIL (info-form@i-r-p.net) if you have any questions about repair, modification, effector production, or trade of various instruments.

posted by IRP Products at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月30日

金属部品のネジ部分のオイルメンテナンスについて

冬期休暇とはいえ、普段やれてない事を山のようにこなす日々なのです。さてそんな中、先日フロイドローズ系のブリッジをメンテナンスさせて頂いたお客様より改めて、ご質問を頂きましたのでそのご回答を申し上げます。Q1:ブリッジにメンテナンスにOilを使用されたとの事ですが、どの様なOILを使用されたか改めて教えて頂けませんでしょうか?A1:これはモリブデン素材含有のオイルを使用しています。と言ってもそんなに高い物ではなく、当方ではホームセンターで手にがいるものを使用しておりまして、ネジ、可動部にごくごく僅かな表面に塗布できる範囲のみに使用します。グリスちょう度(粘り気)も個人的には好きです。但し使用する前に脱脂は必ずしてから使用します。Q2:ドライモリブデンとかどうですか?A2:いいと思いますが、使っていくうちの油膜切れが分かりにくいかもしれません。Q3:車用(レース用とか)の物はどうですか?A3:エンジンオイル類やスレッドコンパウンドとか、重工業用途の物はもっと高性能なものがいっぱいあると思います。ただちょっと楽器用途には一回の購買量というには量が多い分入手価格が高いのが難点かな?と【備考】あくまで私の場合ですから、ほかにもっと良い物が有ればそちらに乗り換えていて一年後は別の事を言ってる可能性はあり得ます。ただ、私個人的にはこれ、原産メーカーが出身の奈良だった事、アマゾンを眺めたたらたまたま電子タバコのスポイトが有って合わせれば使いやすいんじゃないかという思い付きで使っています。各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。#irpproducts#tradeconsultant#guitarrepair#guitaramp#midbooster#GuitarCustomization#GuitarModification#guitarcable#recording#electronicwork#onbordpreamp#electricguitar#貿易コンサルタント#エレキギター#出会いに感謝#ギター修理#ギターリペア#エフェクターリペ#プリアンプ#ギターアンプ#ギター改造#生かされている事に感謝 #潤滑油#モリブデングリス

冬期休暇とはいえ、普段やれてない事を山のようにこなす日々なのです。

さてそんな中、先日フロイドローズ系のブリッジをメンテナンスさせて頂いたお客様よりご質問を頂きましたのでそのご回答を。

Q1:
ブリッジにメンテナンスにOilを使用されたとの事ですが、との様なOILを使用されたか改めて教えて頂けませんでしょうか?

A1:
これはモリブデン素材含有のオイルを使用しています。
と言ってもそんなに高い物ではなく、当方ではホームセンターで手に入るものを使用しておりまして、ネジ、可動部にごくごく僅かな表面に塗布できる範囲のみ使用します。グリスちょう度(粘り気)も個人的には好き。但し使用する前に脱脂は必ずしてから使用します。

Q2:
ドライモリブデンとかどうですか?

A2:
いいと思いますが、使っていくうちの油膜切れが分かりにくいかもしれません。

Q3:
車用(レース用とか)の物がどうですか?

A3:
エンジンオイル類やスレッドコンパウンドとか、重工業用途の物はもっと高性能なものがいっぱいあると思います。ただちょっと楽器用途に使用というには量が多い分入手価格が高いのが難点かな?と

【備考】
あくまで私の場合ですから、ほかにもっと良い物が有ればそちらに乗り換えていて一年後は別の事を言ってる可能性はあり得ます。

ただ、私個人的にはこれ、原産メーカーが出身の奈良だった事、アマゾンを眺めたたらたまたま電子タバコのスポイトが有って合わせれば使いやすいんじゃないかという思い付きで使っています。

各種楽器の修理改造、エフェクタ製作、貿易に関するご依頼、ご相談はDMや各種SNS、E-MAIL(info-form@i-r-p.net)にて承ります。

#irpproducts
#tradeconsultant
#guitarrepair
#guitaramp
#midbooster
#GuitarCustomization
#GuitarModification
#guitarcable
#recording
#electronicwork
#onbordpreamp
#electricguitar
#貿易コンサルタント
#エレキギター
#出会いに感謝
#ギター修理
#ギターリペア
#エフェクターリペ
#プリアンプ
#ギターアンプ
#ギター改造
#生かされている事に感謝
#潤滑油
#モリブデングリス
posted by IRP Products at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月29日

2023年冬季休業のご挨拶

早いもので2023年も厳かに終わろうとしています。本年も大変皆様方にお世話になりましてありがとうございました。一部昨日貿易関係各所お取引先様へ12/29〜1/3までの弊所間休業のご案内を差し上げておりますが、楽器の修理に関する業務に関しても同様に2023年12月29日〜2024年1月3日まで年末年始休暇を頂戴いたします。ご不便をおかけいたしますが何卒宜しくお願い致します。本年、個人的に生き方/考え方その物が根本から揺らぐ様々な事が御座いまして、改めてその生かされている意味を自らに問いながら、過ごしてまいります。皆様良いお年をお迎えくださいませ。#irpproducts#tradeconsultant#guitarrepair#guitaramp#midbooster#GuitarCustomization#GuitarModification#guitarcable#recording#electronicwork#onbordpreamp#electricguitar#貿易コンサルタント#エレキギター#出会いに感謝#ギター修理#ギターリペア#エフェクターリペ#プリアンプ#ギターアンプ#ギター改造#生かされている事に感謝


早いもので2023年も厳かに終わろうとしています。
本年も大変皆様方にお世話になりましてありがとうございました。
一部昨日関係各所お取引先様へ12/29〜1/3までの弊所間休業のご案内を差し上げておりますが、貿易関係の業務や楽器の修理に関する業務に関しては2023年12月29日〜2024年1月3日まで年末年始休暇を頂戴いたします。

ご不便をおかけいたしますが何卒宜しくお願い致します。

本年、個人的に生き方/考え方その物が根本から揺らぐ様々な事が御座いまして、改めてその生かされている意味を自らに問いながら、過ごしてまいります。
皆様良いお年をお迎えくださいませ。

#irpproducts
#tradeconsultant
#guitarrepair
#guitaramp
#midbooster
#GuitarCustomization
#GuitarModification
#guitarcable
#recording
#electronicwork
#onbordpreamp
#electricguitar
#貿易コンサルタント
#エレキギター
#出会いに感謝
#ギター修理
#ギターリペア
#エフェクターリペ
#プリアンプ
#ギターアンプ
#ギター改造
#生かされている事に感謝
posted by IRP Products at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする