2008年05月20日

ミッドブースター搭載2連発

当方のBLOG関係では人気No1の「オリジナル楽器内蔵型ミッドブースター」の取り付けネタが、最近はトンとご無沙汰だったので、ちょこっと施工例として記事をアップしてみます。

大阪府在住のギタリストM様よりミッドブースター取り付け及び、全体の調整作業をご依頼頂きました。
b_te_mid1.jpg
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
バッカス社製テレキャスのコピーモデルですね。このシリーズはフェンダー本社からクレームが来て全部生産中止になったそうですが。。。コピーに関する是非は置いとくとしても、量産品としては丁寧に作られたギターである事に変わりはありません。

b_te_mid3.jpg
今回はコントロールパネルにミッドゲインノブを取り付けますので、分解します。

b_te_mid4.jpg
そいで、今回スペースがかなり狭いので、VOとTONEポットは16ファイの物に変更した上で、その中間にミッドブースター回路を増設しました。

b_te_mid5.jpg
次は電池内臓スペースの話なんですが、今回、「電池ボックスは付けてくれるな・外から電池の入り口が判らない様にしてくれ!」と言う依頼だった為に、PG下に電池ボックススペースを掘りました。これだと電池交換には手間が掛かりますが、外からは判りません。

因みにコントロールキャビティーに電池も同梱する案もあったのですが、スペースが足りず無理でした・・・後、コントロールキャビティーに電池を同梱するとトラブルを起こす事がかなり多いので、今回のようなオーダーの場合でも、出来れば避けたいと言う想いが有ります。

b_te_mid7.jpg
そして組み込み〜各部調整してから完成!今回はヴィンテージライクなルックスの6連ブリッジに交換作業の依頼も頂いておりました。

納品後、物凄いパワーですね!と仰られていた辺りで喜んで頂けました。

大阪府在住M様、ご依頼有難う御座いました!
また何か御座いましたら宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------

次は東京在住Y様よりミッドブースター取り付けのみのご依頼頂きました。

y_st_mid.jpg
ボディーのみのお預かりだったので詳しい事は判りませんが、フジゲン製のストラトボディーだそうです。

y_st_mid2.jpg
電池ボックスキャビティーをトリマーで切削加工しておきます。

y_st_mid3.jpg
次はPGにミッドブースターを配線します。今回はM・VO/M・TONE/ミッドブースターゲインと言うレイアウトになります。まあ良くあるレイアウトパターンですね。
元の写真は無いですが、PU周り・セレクター周りがかなりグチャグチャだったので、それも修正しました。

y_st_mid4.jpg
加工済みのボディーとPGを組み込んで終了!今回は弦を張っての調整作業がない為に作業自体は直ぐ終わりましたが、気持ちとしては弦を張って最終の定数調整をしておきたかったなと思ったり。

東京都在住のY様、ご依頼有難う御座いました!
また何か御座いましたら宜しくお願い致します。

--------------------------------------------

大変有難い事に、この楽器内蔵型ミッドブースターに関して頻繁にお問い合わせ頂いております。
これまでの販売傾向や、お客様ご自身での取り付けにおいての失敗件数の関係から、現在「部品」として個別販売を行っておりません。この商品は取り付けまでを一セットととしてご提供しております。

ミッドブースターの部品価格自体はベーシックな物で¥8000程度ですが、取り付け施工価格等は楽器によってかなり変動が有ります。メールフォームから取り付け対象楽器の詳細をご連絡の後、お見積もりをご連絡させて頂きますので宜しくお願い致します。

といったような所で、本日はここまで!
posted by IRP Products at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | プリアンプ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック