2006年01月05日

あけましておめでとうござます

元旦からちょっと日が開いてしまいましたが、あけましておめでとうございます!
今年も地道に丁寧に作業を進めて行く事にしますので宜しくお願い致します!

さて、元旦辺りから深夜放送の映画が面白くてついつい纏めて5本程見てしまった訳ですが、
その流れのまま、買出しのついでに近所のシネコンで「男たちの大和」を観てきました。

うーん・・・・・・

確かにエンタメの映画としては良いんですが・・・
私の場合どうしても斜めから観てしまう感は否めませんでした。
ただ戦争がその時代の個人に課した悲劇性見たいな所は良く出ては居るのですが、
戦争そのもの是非や自虐史観について・日本のその時代の状況等々を
考慮しながら観てしまうと、少々しんどいのでは無いかな?と思ったり。

まだ公開している映画なので詳しい事は差し控えますが、某左翼団体の抗議活動によって、
(過度の戦争賛美映画だ!と言う抗議が有って止む無くカットしたそうですが)
「多くの方達が命を懸けて守った日本に、今私達は立っている」と言う
この映画の最後の本当のメッセージ性の部分はごっそりカットされてしまっているそうです。

うーん・・・・・・

しかしなあ・・このカットされた部分が有ったらもっといい映画になるのになあ。
「コンセプトの一つになったであろう、メッセージ性の根幹の部分をカットするってどうなの?」
と、激しく心の中で突っ込みを入れてしまいました。

公式サイト
「男たちの大和」

さて、年明け一発目からなんだか良く判らない呟きみたいな記事になってしまいましたが、
本年も宜しくお願いいたします!
posted by IRP Products at 18:21| Comment(2) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
昨年は本当にお世話になりました。
今年もまた色々な記事を参考にさせて下さい。
では、今年もどうぞよろしくお願いします。
Posted by guitarcraftsman at 2006年01月05日 18:37
guitarcraftsmanさん
あけましておめでとうございます。
年末からあまりに忙しくて、メールの返信が出来ずに居てすいません。

近い内に返信しますんで宜しくお願いします。

Posted by 楽器無常@管理人 at 2006年01月06日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

あけましておめでとう♪
Excerpt: あけましておめでとうございます♪今年はブログに挑戦すると言うことで正月からPCに向かっています!!
Weblog: おこちゃま日記(メイドカフェで働く私)
Tracked: 2006-01-05 18:41

今年こそやるぞ!!!
Excerpt: 新年明けましておめでとうございます。今年もこのブログをよろしくお願いいたします。
Weblog: 思い出日記
Tracked: 2006-01-05 18:43

2005年、ありがとう!いっぱい感謝の1年でした。
Excerpt: この作品が→☆幸せを呼んでくれました☆ 今年は、たくさんの出会いを このブログからも、いただけました。 みなさま、本当にありがとうございました。 感謝の気持ちいっぱいです。..
Weblog: ☆グレートセレブな女社長を目指すブログ日記☆ OL卒業したんです♪
Tracked: 2006-01-05 18:48

あけおめ♪TB失礼します。
Excerpt: 私の何も無い日常・・・今年こそは!!
Weblog: 何も無い日常日記・・・。
Tracked: 2006-01-05 18:53

男たちの大和:鑑賞日記
Excerpt: 年末に『男たちの大和』を観てきました。戦争映画っていうと、死にゆくオトコたちの映画で泣きは確実だろうなと、ハンカチ握り締めてイスに座ったの。 毎年、戦時中ドラマや映画が製作されるけどあずさが一番涙し..
Weblog: バツイチあずさ -出会い系 やる気マンマン-
Tracked: 2006-01-06 16:32

映画『男たちの大和 YAMATO』 佐藤純彌
Excerpt: <戦後60周年記念作品>と銘打たれた戦争巨編!! 嗚呼、日本男児たるもの、これを観ずにいられましょうか!!! ということで観てきました。うーむ、困ったな。なぜ困ったのかというと、まったくグッ..
Weblog: ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
Tracked: 2006-01-07 21:22

File.9 「男たちの大和/YAMATO」 幻の三分間
Excerpt: 『ローレライ』、『亡国のイージス』…戦争を題材にした邦画が立て続けに公開された2005年、本命との前
Weblog: 映写室からのつぶやき
Tracked: 2006-01-28 02:36