IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年01月05日

あけましておめでとうござます

元旦からちょっと日が開いてしまいましたが、あけましておめでとうございます!
今年も地道に丁寧に作業を進めて行く事にしますので宜しくお願い致します!

さて、元旦辺りから深夜放送の映画が面白くてついつい纏めて5本程見てしまった訳ですが、
その流れのまま、買出しのついでに近所のシネコンで「男たちの大和」を観てきました。

うーん・・・・・・

確かにエンタメの映画としては良いんですが・・・
私の場合どうしても斜めから観てしまう感は否めませんでした。
ただ戦争がその時代の個人に課した悲劇性見たいな所は良く出ては居るのですが、
戦争そのもの是非や自虐史観について・日本のその時代の状況等々を
考慮しながら観てしまうと、少々しんどいのでは無いかな?と思ったり。

まだ公開している映画なので詳しい事は差し控えますが、某左翼団体の抗議活動によって、
(過度の戦争賛美映画だ!と言う抗議が有って止む無くカットしたそうですが)
「多くの方達が命を懸けて守った日本に、今私達は立っている」と言う
この映画の最後の本当のメッセージ性の部分はごっそりカットされてしまっているそうです。

うーん・・・・・・

しかしなあ・・このカットされた部分が有ったらもっといい映画になるのになあ。
「コンセプトの一つになったであろう、メッセージ性の根幹の部分をカットするってどうなの?」
と、激しく心の中で突っ込みを入れてしまいました。

公式サイト
「男たちの大和」

さて、年明け一発目からなんだか良く判らない呟きみたいな記事になってしまいましたが、
本年も宜しくお願いいたします!
posted by IRP Products at 18:21| Comment(2) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

皆様良いお年を!

あっという間に大晦日ですね(笑)
ホント今年はいろんな事が有りました。
このBLOGのおかげでいろんな方と知り合う事が出来まして、非常に有り難い事だったなあと
ひとしきり思いながら、この一年を振り返ってみました。

・・
・・・
・・・・
あーホントに涙が出るような経験もしてしまいましたが、その反面強くもなれました。
ここのタイトルを決めて、スペースを確保した時には想像もしていなかった様な事が次々に
目まぐるしく展開して行き、実に濃い1年になったのではないかなあと思っています。
それもこれも、ここをごらん頂いてる皆様のお陰です!どうもありがとう御座いました!
新年も今年同様一層のお引き立てを賜りますよう何卒お願い申し上げます。

それでは皆様良いお年を!
posted by IRP Products at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

The Smashing Pumpkins

 たまには私が好きな音楽の話でもしましょうか。

 有るコピーバンドをやってる方から楽器を修理で預かった事をきっかけに色々思う所が有りまして。
(すいません今回は超長いです。しかも趣味に偏って書いてますので苦手な方は読まないほうが・・)

 私が好きな音楽(と言っても種類も量も結構多岐に渡りますが)の中で、90年代初期〜2000年位の物の中で最も良く聞いたであろうバンドが有ります。

 それが表題のThe Smashing Pumpkinsなんですが、
スマパン
左からVO/G:ビリー・コーガン G:ジェームス・イハ B:ダーシー Dr:ジミ−・チェンバレンの4人で構成された、(最初は)ある種普通な感じの人達でした。

 メンバーそれぞれ魅力がある人達なのですが、
ビリーコーガン
最終的にはVO/G:ビリー・コーガンのワンマンバンドに等しくなって行きます。

「潰れたカボチャ達」
バンド名の由来はビリーが夢で見た神のお告げから引用された物だとか。
その後、「あれは大いなる神の悪戯だった」と語ってましたが。
続きを読む
posted by IRP Products at 10:52| Comment(26) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

クラフトマンになるには?

この間、ちょっと気になるメールを貰って色々やり取りしていたのですが、
色々考える機会が有りました。

それはどう言った事だったかと言いますと、

「ギタークラフトマン・リペアマンになるにはどうしたら良いんですか?」

と言う話です。

えーっと、結論から言いますと、
その思いの強さ、行動力と運、人間性、これらに応じてなりたい者になれます。
・・・・とか、軽い事を言うと実も蓋も無い様に聞こえるかもしれませんが。

続きを読む
posted by IRP Products at 03:19| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

ビリーの死

去る3月31日

ギターウルフのベーシストであった ビリーこと関口秀明氏が

心不全の為亡くなられました。

最初は昔のバンド仲間からメールが来て知らされたのですが、

丁度4月1日だった事もあり、エイプリルフールだろ?なんて軽く思っていた所

いろんなニュースサイトが取り上げ始めて本当の事だったと知った訳ですが。

もう7年位前になりますが、名古屋のあるライブハウスにて

初めてライブを見たときの衝撃は今でも忘れられません。

なんか最近大好きなバンドのメンバーが亡くなったり、身内が亡くなったり

そんな事が続いて気が滅入っています。

白ボディーで黒ピックガードのプレベと言えば私の中ではこの人だけでした。

ご冥福をお祈りします

合掌

GUITAR WOLF

公式サイトはこちら

現在メッセージボードのみの運営になっているようです。


posted by IRP Products at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

音楽に関わって逝こうと思う

ここ数年、個人的な音楽活動などは行っていないのですが、
未だに音楽をやっていた頃の、

「忘れ得ぬ瞬間」

を引き摺って生きている気がします。
いきなり後ろ向きな話ですが、いざ新しい事を始めた時は
こう言った感覚にとらわれてしまい
脱出出来なくなってしまう事がしばしば起こります。

きっと私は何らかの形で一生音楽だけは傍に有って
もはや切り離して生きていく事は出来ないのでしょう。

これではいけないと思い前向きなことを考えてみるのですが、
想いは空回りするだけで、月日は狂おしいほど速く過ぎ去ってしまいます。

不条理に身を捩る事も
生きる事も逃げる事も
柵や蔑みに耐える事も
喜びや楽しみを紡ぐ事も

月日の速さに色んな感覚が麻痺しがちになり・・・
色んな事を取り戻そうと全存在をかけて模索しようともがくと、
余計思考のスパイラルへ陥ってしまいます。

自分自身で紡ぎ出した想いや感覚が生きる原動力になってしまっている私とっては
きっと想いを昇華すると言う事と、生きるという事は同義なのだろう。
リアリズムという言葉にそって考えるならば
今の私など唯のモラトリアム人間にしか過ぎないのかもしれない。

だから拠所として音楽に縋ってその力で生きている・・のかもしれません。
これから先もきっと中毒患者の様に、その傍で生きて行くのだろう。と。

だからこそ音楽に関わって逝こうと思うのです。

これが取り留めの無い真夜中の独り言
posted by IRP Products at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

明けましておめでとう御座います

明けましておめでとう御座います。

ご挨拶が遅れてしまいましたが、今年もよろしくお願い致します。
昨年辺り色んな皆様にお世話になりつつ、
皆様のご支援と暖かい言葉と幾ばくかの仕事の依頼で1年を無事に越す事が出来ました。
色々と忙しく過ごしてしまい気が付くと三が日すら過ぎてしまっていたと言う状況です。
色々考える所も有りまして、
「今年は色々と変化していかなきゃいけない年になるなあ」
などと思っています。

なかなかこちらに書けるネタも無かったり、仮に時間が出来ても
出先のPCに楽器関連の画像ファイルが無いといった状況です。
中々やりたい記事の更新が滞っている感がありますが、
今回は物凄く面白いサイトを教えて貰いましたので、その紹介をしてみたいと思います。
苦し紛れの更新ですがすいませんw

Punk-O-Matic
http://www.2flashgames.com/f/f-548.htm

これです。パンク・プチシーケンサーと言ったようなフラッシュゲームです。
プリセットを適当に設定していけば
10秒でパンク的な楽曲が出来上がってしまうと言う面白ゲームです。
海外のサイトですが、操作も簡単なのですぐ遊べます。
因みにこれを教えてくれた某フリーライターのO氏は、
数時間に渡って嵌り込んでしまった挙句、
締め切り間際の原稿一本落としそうになったそうですw

本日結論

何事もやりすぎは体に良くないですよw
posted by IRP Products at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

ダイムバック・ダレルの死

12月8日
私がガキの頃から大好きだったダイムバック・ダレルが
ライブ中ステージに乱入してきた男に射殺されました。
http://www.nbc4i.com/news/3983630/detail.html
奇しくも昨日記事で書いた通りジョン・レノンの命日であった訳ですが。

犯人はどうやらパンテラの狂信的ファンの模様です。
こんな感じの話が漏れ出てきているようですが・・

he was yelling something about how "you broke up pantera....
you ruined my life.... what about phil??? he needs heroin money..." or something like that
then i saw the gun and he shot DBD right in the head...

彼(犯人)は「お前(ダイムバッグ)がパンテラを壊しやがったんだ。
俺の人生も。フィルはどうだ?彼(フィル)はヘロインのための金が必要だったんだよ...」とか叫んでた。
そんで銃を取り出してダイムバックの頭の右っかわにぶち込んだんだ...

????!

これは一体何なんだ?と
もうなんだか、いやになっちゃいました。
何でこんな事になったの?

この犯人、どうもジョンレノンの命日を意識して犯行の及んだんじゃないのか?って気がして成りません。
犯人はセキュリティーに取り押さえられている所?を警官に射殺されたようです。
結果、本当の理由は謎のままですが、あまりの出来事に釈然としません。

パンテラがよろしくない終わり方をしただけに・・

まるで自分を浄化する様にプレイに怒りを吐露していた事が
今回の厄災を呼び込んだのだとしたら・・・・

続きを読む
posted by IRP Products at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

良い楽器

最近良い楽器の定義について、とあるリペアマン(と私が呼ぶにはおこがましいほど凄い人)と
話していたのですが、その中で
「個人はフレキシブルでハイファイな音の楽器作らないと売れない」
「本当はちょっと癖のある楽器の方が面白いのに・・・」
「狂った(いい意味で)演奏者に惹きつけられる」
「嘘も方便・・云々」
・・・等々、楽器マニアが聞いたら怒り出しそうな話のオンパレードでして。

続きを読む
posted by IRP Products at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

無謀だよな

ジャスラックと言う企業について色々思うところがありまして、
この団体の存在意義等はまた追々書いていく事になると思いますので、
今回は有る判例について書こうと思います。
ダンス教室で音楽の無断使用、最高裁が著作権侵害を認定 などと言う判例が出来てしまったわけですな。
これは端的にいうとどう言う事かと申しますと、
勝手にCD音源を商用に使うな、使うなら使用料よこせ!って事ですね。
無断使用の場合の慰謝料名目の罰金も相当すごい事になってるわけです。

今回、罰金に対して一定の水準としての判例が出てしまったという事で
これ以降の著作権訴訟の罰金の基準とされる可能性が高いわけです。
無論、これらは商用の場合に於いてですが。
商用の場合の無断使用は、やはり作曲者または制作者を守るという観点では
罰するべきなんでしょうけれど・・・・・

続きを読む
posted by IRP Products at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋なのでブログでも始めてみようかと

秋の空は高いな〜何か始めないとなあ
友人もがんばってることだし

というどうでもいい枕詞でブログ始めて見ました。

実験メインなので(そもそもWEB知識が殆ど無い状況)どこまで続くか・・・・
とりあえず生暖か〜い「目」で見守ってやってください。

で、何を中心に扱いたいかと言うと、タイトル通り楽器です。無駄に人口の多いギターです(w
と言っても、プレイに関する事は殆ど触れずに、楽器修理製作など、

普通の人には

何の役にも立たない

薀蓄を垂れ流してみようかと。続きを読む
posted by IRP Products at 02:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする