IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2017年11月05日

千葉県T様より輸入代行依頼のご依頼を頂きました

千葉県Tさまより輸入代行のご依頼を頂きました。

今回ご依頼の品は70年代のオーベーション社製マグナムベースのピックガードでして、、
それがどんな楽器かと言いますと、、

unnamed.jpg

確かに国内で楽器の本体を見る事も稀ですし、ピックガード単体で有ったとして、新品に限らずサードパーティー物としても、そうそう手に入る様な物でもありません。ワンオフで個別製作する事も出来なくはないのでしょうけれど、色々なグラフィックEQの掘り込み部分のサイズ感や、ピックガード上に印刷された(シルクスクリーンかな?)表記物も、全く同じ様に再現するとしたら非常に高額なワンオフ費用となるように思います。もしワンオフで起こすとしたら資料としてピックガードその物をお預かりしなければなりませんし。

そんな中、依頼主のT様所有の楽器のピックガードが破損しており、パーツ交換しようと探していた所、海外のサイトで新品が売りに出ているのを発見されたそうです。しかしながら御自身での海外通販に不安が有った為、当方へ連絡が有った次第です。

当方にとってはそれほど難しい物では有りませんので、輸入代行の手配をしました。

IMG_7821.JPG
そんな訳で、アメリカからなぜかチェコを経由し、日本へ到着。
新品って今でもあるのですね、、そういう新鮮な驚きと共に実物を眺めていました。
その御無事納品。

このベースのオーナーさんはPILなど80年代パンクやニューウウェーブ辺りのファンの方だそうでして、
特にJah Wobbleのファンでこのベースを入手したとの思い入れが有るのだそうです。


PILというと元Sex PistolsのJohn Lydonが始めたバンドですが、随分古い記憶では18〜19の頃に良く聞いたものです。当時カセットテープだったかな。ベースのJah WobbleはPILのオリジナルメンバーの一人。

Annalisaと言う曲が大好きで、いい歳になった最近でも時折YOUTUBEで眺めていたりしたものです。


Jah Wobbleのインタービュー
http://www.beatink.com/Labels/Beat-Records/Jah-Wobble/BRC-518/
ゴリゴリの80'Sのパンクバンドが今もやってるってすごい話。

そんな個人的には面白い仕事だった為、今回記事にしました。

千葉県T様、この度はご依頼ありがとうございました。

因みにこれは余談ですが、私も割とPILに限らず80'Sニューウェーブパンク等が好きで、

Joy Division辺りは、聞くとどうにも尻の座りが悪くなって、ギターが弾きたくなったりします。

こんな輸入代行なんかも請け負わせて頂いております。
何か海外からの取り寄せ等で何かございましたらメールにてご相談下さい。

メールはこちらから
http://i-r-p.net/contacts/

IRP PRODUCTS代表:新谷かつえ
posted by IRP Products at 16:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

お仕事のご依頼等に関して

お仕事について少しばかり記述したいと思います。

 このblogをご覧になられた方からのメールを沢山頂く様になりまして、リペア、改造、機材製作のご依頼を有難くお請けさせて頂いて居ます。
 出発点としては商用運用するつもりも無く始めたblogでしたので、少しばかり、当初対応の足並みが乱れてしまった事をお詫びします。

 メールをを頂いた際、価格表無いの?というご質問を受けましたのでお答えします。

「今の所ありません」

と言うのも、以前関わっていた企業(楽器関連ではありません)のHPにおいて、あまりに安い価格を提示していた所、価格競争を引き起こす等、同業者間で余計な摩擦が生じまして・・個人運営でそういったトラブルを抱えるのは避けたいと言う意向から、提示を一旦休止しております。

 上記理由の他にも、楽器には決まった修理法などがあまり無く、個々の機体に対応した作業を行うと言う性格上、価格を一律に設けると言うのは些かでは有りますが、難しいと言わざるを得ません。目安が無いのは非常に不透明にお感じの方も居られるとは思いますが、症状を明記の上、メールで尋ねて頂ければお見積もりの後、ご返信差し上げますのでよろしく御願いいたします。(見積もり無料です!)

そういった諸々のこちらの勝手な都合では御座いますが、まずはメールにてご相談と言う形にさせて頂ければ幸いです。

メールフォームはこちらから
http://i-r-p.net/contacts

 特に波及力が強いインターネットの世界では、こちらからの価格の提示も少しばかり慎重にならざるを得ません。上記にも有ります通り、ご不便・不透明にお感じになられるかも知れませんが、ご理解の程を頂けますようお願い致します。

見積もり等々大歓迎で御座いますのでお気軽にお声をかけて下さいますと幸いです。

 その代わりと言ってはなんですが、blog経由でご依頼頂いた場合、
WEBでのやり取りの透明性を高める一環として、一般非公開のページにて、
工程の進み具合をお客様のみに公開すると言う方向を考えております。


2006年1月追記
現在有り難い事にたくさんのご依頼を頂くようになりまして、非公開記事ですら書くのが追いつかない状態になっております。
その為、報告はメールで写真をお送りし、打ち合わせを行うと言う形になります。

 上記追記理由により、作業終了後随分後になってしまうと思われますが、当blogで工程をドンドン公開してくれ!と言う猛者の方はおっしゃって下さい。

 


 次に、私は以前老舗楽器メーカーにて、生産修理調整で生計を立てて居りましたが、現在の所、それらを中心とした修理調整のみで生計を立てている訳ではありません。多方面でお仕事をさせて頂いております。 

 という事で、楽器の修理調整は仕事の一部門と言った形になります。そんな理由から全塗装だけは居住環境の事や、作業・乾燥スペースの関係でどうしてもお金を頂ける水 準ではありませんので、中々お請けする事が出来ません。
 しかし部分塗装や、ある種の塗装でしたらお受けする事ができますので、まずはご相談下さい。(全塗装に関してはお受けす るとしたら塗装工程のみ外部委託になります)

 作業場兼自宅へのご来訪についてですが、普通の民家ですので基本的にはご意向に添えない可能性が高いのが実情です。とりあえずどうしてもと仰られる方の場合はご連絡頂いてからスケジュールを擦り合わせると言う方向でお願いします。

 こう言った辺りの事をご了承頂けたらと思います。

 どんな依頼の形であれ誠心誠意作業させて頂きます。
いずれまた製作の方はボチボチ記事にし始めたいと考えておりますので御期待頂ければ幸いです。

-----------------------------------------------

 ここまでの件、ご理解を頂いた上、このblog経由で楽器の修理調整等の依頼をお考えの方、
もし、いらっしゃいましたら、まずメールにてご連絡お願い致します。
メールフォームはこちらから
http://i-r-p.net/contacts

 他にもコミュニケーションの方向としては、指向性が高いメッセンジャー等の方法も実験的に使用しております。御質問、問い合わせ、納期、見積もり、世間話、何でもお気軽にご連絡下さい。

メッセンジャーアドレスは
下記になります。
メールバナー.bmp
(お手数ですがスパム対策の為手動で登録お願い致します)

 MSNメッセンジャー対応ですので、(夜間オンラインの事が多いです)気軽に登録して話し掛けて頂ければ当方が小躍りします(笑)

堅苦しい事は一切抜きで、ほんとに、

バカ話・音楽・楽器・世間話

そんな世間話から始めてみませんか?

 当方も色んな楽器やオーナー様との出会いを求めて、色んな楽器ネタをご用意してお待ちしております。

MSNメッセンジャー

http://messenger.msn.co.jp/
MSNメッセンジャーの導入方法はこちらをご参考になさって下さい。

Regnessem

http://regnessem.sourceforge.jp/
こう言うMSNメッセと同じプロコトルを利用したサードパーティーのアプリケーションもあり、私は主にこちらを使っています。
諸々上記リンク先を御参考になさって下さい。

それで皆様お待ちしておりますので、よろしくお願いします!
posted by IRP Products at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする