IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2008年05月16日

S氏LPネック折れ修理(オービルbyギブソン)

そういえば、リペア関連では定番のネック折れの記事を一切書いていない事に今更ながらに気が付きました。

なぜ今まで無かったかと言うと、木工中はホコリが舞い、あまりデジカメを触りたくないので写真を撮っていないと言うのも要因の一つでしょうか。

さて今回は、ネック折れ修理(オービルbyギブソン)をごく簡単に紹介しておきます。

オーナーである知人のS氏が、引越しの際に誤ってネックにひびを入れてしまったそうで・・・・物凄く思い入れが有る楽器なので出来れば何とかして治して欲しいと言う要望と、折れたままの楽器持ってるのを見るのは忍びないと言う私の気持ちから、今回の修理が始まりました。

現状はどんなかと言いますと、
d_neck1.jpg
ヘッド裏のヒビ、手で押すと傷口がパクパク動く程のヒビです。
(サムネイルをクリックしてください。画像が拡大します)

d_neck2.jpg
ヘッド突き板の剥がれ

d_neck3.jpg
指板の剥がれ

ご覧の通り、ヘッド裏のヒビと、指板・ヘッド突き板剥がれと言う割と良く有る破損状況ですね。
指板剥がれとヘッド突き板剥がれは比較的簡単に修理できますが、問題はヘッド裏のヒビですか・・・

と言っても、こんなのはネック折れの修理の中では「軽症中の軽症」ですので、サクっと修理します。

で、その修理に関してなのですが、割れてから数年という時間が経ってしまっていた為、単純に接着剤を流し込んでクランプを掛けても強度は取り戻せないだろうと言う判断をしました。その為、今回はヘッド裏にスリットを掘ってメイプル材で埋め木補強を行う事にします。

何段階かに分けて、接着作業を行うのですが、今回の一発目は単純に現在のヒビ部分を接着してしまいます。(写真は無いですが)

その後、
d_neck4.jpg
こんな感じで、今回は最も傷の深い所・力が掛かってしまった所など、2箇所にスリットを掘りました。このスロットはヘッド角度と同一に掘ってあります。因みに真ん中の落書きはトラスロッドの調整口の位置の目安をざっとマジックで書いた状態です。

そして、このスリットに
d_neck5.jpg
ハードメイプル材の埋め木を挿入して強度回復を行う訳ですね。この埋め木はハードメイプルの強度を最大限に生かす為に、ヘッドに対し垂直に柾目になるように木取りをして有ります。と言う事は側面は板目です。写真で判ります?

木目方向.PNG
(サムネイルをクリックしてください。画像が拡大します)
絵に描くとこんな感じですね。弦の張力・ひび割れの方向に対して、補強強度が最大限になる様にする訳です

これをスリットと同じ形状に整形する訳ですね。実際はコピー用紙の厚み一枚分位大きく作ります。スリットに抜き差しした時にキュッと抵抗がある程度に大きく。。。判りますかね、、この感覚。。。文字じゃ判り難いですよね。。すいません。

そして接着を行う訳ですが、
タイトボンド.jpg
接着にはタイトボンドを利用します。近年入手性もかなり良くなり、仕上がり強度も良好なので、メーカーや楽器修理生産の現場では重宝されてます。実の所、現在私は全然別の接着剤を使ってますが。。。。この記事はまだこの接着剤を使っていた頃の話です。
楽器修理の世界では膠(にかわ:動物性たんぱく質を煮出して作られた昔ながらの接着剤)で修理するのが本道って事も言われますし、お客様のリクエストなど、ケースバイケースで柔軟に対応しますが、個人的にはあまり使いません。

昔の勤務先のメーカーに居た頃、私は一日中アコギのブリッジの台座を整形〜接着作業を行うような部署で集中的に仕事をしていた為、接着剤に関してはいろいろ研究させて頂く機会が有ったりした。もはや何本ブリッジを張ったか把握できない程の数です。その頃の経験が今物凄く役に立っています。まだまだ個人的に結構な私費を投入して研究をこっそり続けてますけれど。

d_neck6.jpg
で、こんな感じで埋め木を接着!通常クランプを3本互い違いに掛けるんですが、なぜか2本の画像しか残ってませんでした。今回は修理部分をサンバーストで塗り潰してしまいますので、メイプル材のみで埋めてあります。もちろん修理部分を判りにくくする場合はマホガニーや、マホメイプルなどのプライウッドを埋める事もあります。

後ヘッドの突き板と指板剥がれは別の接着剤を使い、既に修理済みです。

d_neck7.jpg
ちょっと写真は大きいですが、こんな感じで埋め木の整形まで終わった所です。今回の楽器はグリップ部分に打痕が多かったので「どうせならそれも修理してしまえ!」とばかりに周りの塗装も剥してしまいました。

今回はこの後、当て木をしてボリュート
d_neck11.jpg
(強度を稼ぐ為にヘッド裏に突起を作る事。70年代のギブソンや、アコギなどに良く見られる補強形状)を入れるかどうするか?と言う所ですが・・・・今回はこの補強の時点で強度の回復が図れている事と、予算の都合で見送る事としました。

余談ですが、ボリュートの追加工に関して、ネック折れには付き物の様に言われますが、下手を打つと逆に強度が低下する事もありますので、これもまたケースバイケースでの対応になります。お客様がリクエストして下さる場合も多いんですが、欠損部分の状態次第により、私が必要か否かを判断します。

個人的には何でもかんでもヴォリュートを入れる修理の仕方は無駄に費用が嵩むだけだと考えています。

d_neck8.jpg
ちょっと判りにくいですが、サンバーストになってるのわかります?
こうして修理部分の目隠しと保護を行う訳ですね。手間の分高くつきますので予算次第ですが、、木目を書いたり元の色に合わせて修理痕を判り難くする事も可能です。

d_neck9.jpg
塗装が乾いた頃を見計らって部品を組み込み、調整してめでたく完成!です。因みに、ナット交換とフレットの擦り合わせも同時に行ってあります。

なぜか画像が曇ってますね。。

d_nech10.jpg
元々S氏がセルフでネックグリップに艶消し加工していたので、それにあわせて、サンバースト部分は艶消しクリアを塗ってあります。

納品後、S氏から「すげえがっちりした音になって帰ってきた!ありがとう!」と言って喜んで頂けました。

その喜びの声を聞く為にこの仕事やってんだよなーと言う所でいつもながらに感慨深いものがありますね。特にこういう楽器が生きるか死ぬかの修理を終えた後は。

と言ったような所で本日はここまで!
posted by IRP Products at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ネック折れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名前これでいいのかなww
これ直ってマジありがたかったよ
今度から大事に弾きたおします
Posted by S氏 at 2008年05月17日 08:26
S氏、書き込み有難う。名前はどうしようかなと思ったけどとりあえず仮名にしておきました。
修理してから一年ぐらいになりますかね。。末永く使ってやっておくれ。
ぶっ壊してもまた治すから心配スンナw

そいじゃまた。
Posted by 楽器無常@管理人 at 2008年05月17日 13:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック