IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2005年11月14日

今日は趣を変えてみましょうか

昨日は更新し忘れてしまいました(苦笑)
今日は楽器カテゴリーですが、作業内容ではなくて少し趣を変えてみようと思います。

このBLOGに関してコンスタントにお問い合わせ頂く内容がありまして、
それは「クラフトマンになるには?」と言う記事についてなんです。

私個人としてはあの記事に書いてある事は身をもって体験して出てきた答えや、
考え方だったりするんですね。なので必ずしも正しい訳ではありません。
「己の境遇の受け取り方」や「人の姿勢」は千差万別ですから。
しかしまあ問い合わせが多いという事はそれなりに実の有る記事だったのかな?と。
そこでですね、今回は書ける範囲内でもう少し突っ込んだ記事を書いて見ようかと思います。
まず、どういった問い合わせが多いか?を 回答と合わせて少し記述してみましょうか。

質問
「専門学校に行った方が良いですか?」
回答
なんとも言えません。
ただ闇雲に飛込みで企業を廻るよりは求人情報に触れる機会が多いかもしれません。
学校で学べる技術も確かに多いですが、基本的に入り口にしか過ぎないと思って下さい。

<質問>
「もし行くならどこの学校が良いですか?」
<回答>
固有名詞で答えられません。と言うより、行く人の姿勢の問題にも関わります。
ただ単純に考えるとかなりの額の授業料が必要になりますので、その費用対効果に関しては
シビアに考えて決定された方が宜しいかと思います。

<質問>
「楽器弾けなくても良いですか?」
<回答>
「ある意味」では弾けなくても大丈夫です。
過去の偉人には弾けなくても傑作楽器を生み出した方もいらっしゃいます。
因みにフェンダー社の創始者のレオ・フェンダー氏はギターが弾けません。
ギブソン社の過去の社長で335を生み出したと言われるテッド・マッカティー氏も然りです。
他にも優れたデザイナーで楽器を弾かない方は他にも沢山いらっしゃいます。
ただ弾ける事に越した事は有りませんし、プレーヤーサイドの気持ちに立つ為には
弾ける(そんなに上手く無くても良いですが)必要が有る様に思います。

<質問>
「リペア・クラフトマンって儲かりますか?」
<回答>
ある程度の数仕事が有って、それをちゃんとこなせるなら人並みの暮らしは出来るかと。
(このある程度の数の仕事を恒常的に掴むのが大変な訳ですが)
人によりけりで、仕事の数と仕上がり・掛けた時間如何によって変わりますが、
私の仕事をこなせるキャパシティー+仕事数では儲かりません。
大儲けを目論むならば、この道は難しいといわざるを得ませんね

<質問>
「楽しいですか?」
<回答>
楽しく無いならこんな辛い事やってません(笑)
弾きやすくなった!凄く良くなった!と言って貰える事が最大の喜びでしょうか。
逆に厳しい事を言われる場合もあります。そこは真摯に受け取りましょう。
厳しく言われる事が辛い事だと言うならば、どんな仕事も辛い筈です。
後、これは私の話ですが、色んなプレーヤーや人と様々な話が出来て楽しいですよ〜
お客様にもいろんな方がいらっしゃいまして、そういう方のお仕事の話なんかは
物凄く興味深くて、いつも耳を傾けている次第です。

<質問>
「人によって向き不向きってありますか?」

<回答>
「私から見て」と言う話になりますが、技術と言う範疇だけでいうと・・・
不向きな人は「飽きっぽい人」と「お金が好きな人」はちょっと辛いかと。
向いてる人は「純粋に技術に対して疑問を持てる人」と「素直な人」でしょうか。
他にも様々な視点がある様に思いますが、こんな感じでしょうかね。

-----------------------------------------------------

さて幾つかの質問にごく簡単に答えてみましたが・・・
何をお前如きが俯瞰から書いてんだ!とかお思いの方がいらっしゃったらアレですので
今回は先にお詫びしておきます。

最近あるクラフト学生さんからメールを頂きまして、少しやり取りしていたのですが、
その方もBLOGを運営されてるとの事で、色々拝見させて頂いてました。
現役の学生さんですので、私に質問を送って下さる方の参考にもなるかな〜と思います。
そんな訳で、今回はその方のBLOGを紹介して記事の締めにしましょうか。
「guitarcraftsmanの日々」

本日はここまで!


posted by IRP Products at 21:52| Comment(2) | TrackBack(1) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介いただきましてありがとうございます!
自分などが記事にリンクを載せていただいて恐縮であります。
物凄い勢いでアクセス数が増えててかなりビックリしております(笑)。
今後とも無心さんの記事で勉強させていただきたいと思いますので、ぜひともよろしくお願い致します。
Posted by guitarcraftsman at 2005年11月14日 23:09
guitarcraftsmanさん
書き込み有難うございます。
勉強のお役に立てるかどうかは微妙ですが、今後とも愛読頂ければ幸いです。

それでは宜しくお願い致します!
Posted by 楽器無常@管理人 at 2005年11月14日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ギタークラフト関連のサイト紹介
Excerpt: 以前より閲覧していたのですが、この度管理人の無心さんにリンクの許可をいただきましたので紹介いたします。楽器無常無心さんに比べたら私などまるでド素人です(実際にド素人に近いですが…)。ぜひ一度素晴らしい..
Weblog: GUITARCRAFTSMANへの道
Tracked: 2005-11-14 23:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。