IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2005年11月11日

Collingsさんhighlander搭載編

Collingsさん!いらっしゃい〜の続きですね〜

うーん今日も更新できそうだ(笑)さて行きましょうか!

前回、ハイランダー搭載の為のブリッジ溝のR加工まで終わらせましたね。

次はいよいよハイランダーの取り付けなんですが、
ハイランダーIP-1
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
今回は本当に危険な作業内容が含まれています・・書く事さえ躊躇ったのですが・・・
実は前回のサドル溝のルーティングに関しても書くべきでは無かったかな?とさえ
ちょっと思って居たりします。

と言う訳で実作業写真を少なめにして、何とか文章で構成して行きましょうか。

まずハイランダーと言うプリアンプはエンドピンジャック一体型になっていて、
取り付けビスまでもが本体に付けられていると言うのは前回書いた通りです。
非常に合理的では有るんですが、そのせいで取り付けにはかなり手間が掛かります。

さてエンドピンと一体型っちゅう事は元のエンドピンを外す必要が有る訳です。
アコースティックギターの多くは木材やプラスティックで木栓のような形状をしていまして、
アコギ・エンドピン
(コレは該当のギターの物では有りませんが・・概ねこういった形のものが殆どでしょうね)
ボディーに開いた穴に単にささっている物から、接着されている物まで様々です。
因みにマーティンの場合は新規販売時は装着されずに付属されてます。

で、ですね、抜こうと試みた訳です・・・・・・
コリングスはマーティンタイプだから接着されて無いんじゃないかな〜と思ったんですが、
思いっきり接着されてました(苦笑)前オーナーさんの趣味でしょうか?

こう言う場合は、しょうがないので破壊するしかありません。
コリングス・エンドピン切削
お尻にマスキングをして、のこぎりを入れてエンドピンを切削してしまいましょう。
もったいないなあ・・・・かなりいいエボニーが使われていましたが・・
粉末や破片は何かの修理の時の為に取って置きましょうか(貧乏性とか言うな笑)

そして・・・・・・残ったエボニーのピンのにマーキングをして、センターに穴を空けます。
(写真は無しです。危ないですし写真撮る暇も無い笑)
私のやり方は回転数の遅いハンドドリルでゆっくり開けていく方法を取っています。
内側にバリが出難い様な工夫もして開けるんですけどね〜
この辺は秘密にしておきましょうか。(やった事が有る人なら判ると思いますが)
因みに某メーカーですと、この作業専用の機械が有ったりします。

次はハイランダーの本体のオスのねじ山に合わせて、タップ(メスのねじ山)を切ります。
ハイランダーネジ切り
これもまた結構コツと言うかなんとも言えない感覚技が要求されるんですね・・
特に切り始めで塗装がパリーンと割れたり・・・
そうならない様に気をつけて作業してタップを切ります。因みにインチのタップです。

タップを切り終わりましたらいよいよハイランダーの取り付けです!
ハイランダー取り付け
ねじ込んで行く時にちょっとでも無理だな・・と思ったら即止めて抜いてチェックします。
ねじ山が合って無い可能性が有るままで無理にねじ込むと(たまにそういう事が有ります)
エンドブロックが破断する可能性が有りますので、特に注意でしょうか・・
因みに・・・ネックヒールにストラップピンを取り付ける場合も同様で、
手応えが硬いなと思ったらすぐ止めて下穴の開け直しをして下さい。
稀に下穴を開けずにそのまま木ネジを捩じ込む方が居ますが大変危険です。
方向によってはネックブロックが破断して修理代がえらい事になりますので、
自信が無い方は、心得のある方や楽器店に取り付け依頼されるのが宜しいと思います。

と、まあとりあえず取り付けはつつが無く成功しましたので一段落ですね。
ハイランダー本体取り付け完了
私の趣味で、なんとなくエンドピンとボディーの間にフェルトを挟んでみました。
別に無くても良いんですが・・・・・

さて、ここで困った事がおきました。写真の撮り忘れです(笑)
アンダーサドルピエゾ部分の取り付け写真が一切撮り忘れたんですよねえ。

とりあえずその辺は後回しにしましょうか。

本日はここまで!


posted by IRP Products at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | エレアコ化関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。