IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2005年10月27日

シャーベル君の悲劇と中古楽器屋

もうずいぶん前(3ヶ月以上前)になりますが
あるお客さんからの連絡で

「ボロボロのシャーベルを修理して欲しい」

と言う依頼が有りまして、お請けした事が有ります。
BLOGでの公開の許可等も早い段階で頂いていたのですが、
中々(修理以外の内容が)デリケートな問題を含む内容だった為、
今までどういった形で記事にしようかと迷っていたりしたんですが、
通常の記事として公開する事にしました。

さて、そのシャーベルなんですが、
I様シャーベル到着時
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
SanDimasVと言うモデルでして・・・ジャクソンカスタムショップ製ですね。
(シャーベル/ジャクソンの歴史を紐解くと結構面白い事も発見できたりしますね)
パッと見、強烈な木目のメイプルトップマホバックの高級感が非常に漂っているギターで
95〜96年頃の楽器フェアで展示されていた事も有ると言う
ショーモデル的な側面も持ち合わせていますね。
仕様的にも出来的にも非常に良い物である事は間違い無いです。

因みに限定生産物で日本でもこの仕様のシャーベルは殆ど無いそうで
10本有るか無いか?なんだそうです。
ジャクソンカスタムショップアーカイブ
上記リンクの上の段の左から3番目にカラー違いのものが載っています。

オーナー様はここ数年ずっとこれを探してらっしゃったらしく
あるお店に中古(結構な価格)で出た時に思わず勢いで購入したそうです。
その後オーナー様は仕事が忙しく触れない日々が続いていたそうなんですが、
3ヶ月ほど後、やっとの事で出来た時間を利用し自宅で弦を張り替えて調整していると・・・
「ネックが順反りしててロッドが効かない気がする」
「一部フレットが異様に浮いていて、そこからさらに接着剤がはみ出ている」
「配線がおかしくVO・TONEの位置が逆だ」

等々の不具合を発見したそうです。
その時点で私の所に連絡が有りまして、
現状確認と今後どうしたら良いか、(販売店の責任に関しての意見交換等)
その他色んな話し合いを持ちました所、
こちらで楽器を預かり修理する事になりました。

楽器を預かってから、電気系・ネックなどを調べていたのですが、
まあホントに酷い状態です。ネックが弓のように反ってますし(笑)
前オーナーが何の予備知識も無しに弄ってたんだろうなあと。
(中古品はこんな事はザラなので別段驚きはしないのですが)

そして事件はここで起こります・・・
私がロッド等の調整の幅を調べようと、
トラスロッド調整ナットに六角レンチを差し込んで回してみようとした所、
どこにも当る(引っかかる)気配がありません。
おかしいなあ・・サイズが違うのかな?と思い各サイズの物を当ててみますと
入らなかったり、入っても引っ掛かりが無かったり、細すぎたり・・・
そしてレンチの先端に付着する妙な鉄粉・・・

「うーん、これってロッドナットのキャップ(六角部分)舐めちゃって無いか?」

と思い、LEDを調整口に入れて虫眼鏡で中を覗いてみると・・・・・・
ロッドナットがグズグズに潰れてしまっているじゃ有りませんか!
(この時点での写真は有りませんが・・というか撮れません笑)
こりゃあロッド回らない筈だよ・・・順反りも直らない訳だよ・・・

と言う訳で、オーナー様にその旨を連絡しました所、
購入店にクレームを入れると言う事になり作業は一旦中止する事になりました。
翌日、早速電話連絡によるクレームを入れたそうなんですが、
相手の店は一切聞き入れずに

「うちには責任は無い!」


を繰り返し取り合わなかったそうです。
(販売時はその店独自の保証書までつけてるんですけどねえ)
確かに、オーナー様がクレームを入れたのは購入から暫く経っていたの確かですが、
その保証書の約款に記載されている保証期間の猶予は十分に残っていました。

その某店と言うのがネット上の有るポータルサイトにて非常に精力的に
楽器の売買を行なっている店でして・・・(フルメンテしてから売るとも言ってますが)
所謂80年代スタイルギターのオーソリティーを豪語していたりします。
確かに今はそういったスタイルの専門店は数少ないですから、
これらのギターを探す場合に於いては、有る意味で有り難いのかも知れませんが。

電気系の不具合や弓矢の代わりになりそうな順反りネックを目に前にして、
ロッド調整等を行わなかったという事は明白です(フルメンテを謳っているのに)
もしやったならロッドナットが潰れてるか否かなど容易に判断出来たでしょうし。
オーナー様が購入された時はこの楽器はグッドコンディションと表記されていたそうですが
もしこれらの事を知った上で売って、すっとぼけてるとしたら、既に詐欺の領域ですよ。
(電気系は元より、ネックの不具合もオーナー様の居住環境で起きたとは思えません)

因みに前にも他の方からも同店のへのクレームにまつわる話を聞いた事が有ります。
中古販売店のポリシーすらも持ち合わせて居ない様ですね。
ここまで来ると楽器屋さんでは無くジャンク屋さんですな。

まあ軽く纏めてしまうと、この店では
「メンテなどしていない・保証書には何の効力も無い」
と言う事ですな。

ああ怖い怖い中古楽器屋(笑)

と言った紆余曲折の後、かなり重症のこのシャーベル君、修理を行なう事になりました。

かなり長くなりましたので本日はここまで!


posted by IRP Products at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レスみて、オレのケリーの相談をします! 北海道からネットで仕入れたグローバー・ジャクソンのケリーなんですが、ネックがちょい弾きにくくて代わりがほしいのですが、シャーク、インレイのジャクソンorzシャーベルのネックは入手可能でしょうか?
Posted by ペンギンマン at 2008年06月13日 20:01
ペンギンマンさん
初めまして。ここの記事を書いている管理人で御座います。

ご希望のネック入手の件ですが、私共はネックの製作は出来ても、特定ブランドの部材を入手〜販売するといった事は行っておりません。

大変申し訳御座いませんが、ご理解の程を宜しく御願いいたします。
Posted by 楽器無常@管理人 at 2008年06月13日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。