IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2015年01月02日

2014年のご愛顧のお礼と2015年のご挨拶

遅ればせながら明けましておめでとうございます。既に幾つかの作業を開始しております。一般のお客様向けの受付は1/4よりとさせて頂きます。本年は昨年以上の受注が出来る様環境を整える所存。2015年も何卒宜しくお願い致します。

どうやったって終わらない仕事を抱えていても2014年は既に終わりで、
それでいてもやはり仕事を納めなければならなかったのですが。

これは私事では有りますが、ご報告を兼ねて。

昨年年末に世話になっていた貿易系の仕事から一時離れる事となりました。
ここに至るまでに様々なご助言、励まし等、有難いお言葉等を頂きまして誠に有難うございました。

これらに端を発した話等はさて置いて、早速既に次に向けて動き出しておりまして、既に幾つかのお引き合いを頂いており、大変恐縮している次第です。
私程度の人間でお役にたてるのであれば、ぜひご協力させていただきたい所存、新年より宜しくお願い致します。

今年を良い年にするには、妥協をせず、甘言に惑わされず、嫌な物は嫌と言う主義へ進路を変え、自分の主導を自分に取り戻す為に地盤作りや、色んな物のあり方についてもう一度取り組み直す年にしようと思っております。

さて楽器についてですが、、昨年の記事でリノベーションの話と言う話を書いたのですが、ヴィンテージは元より、工場のライン生産された物で、なんだか愛情をかけきれないな、、なんていう楽器も安易に買い換えるより、徹底したメンテをしてやれば、生まれ変わる事も度々あります。

それ以外でも、、、、最初の内は可愛がられていた物が、その内愛情が薄れて、、、綻びや風化などで見た目も機能もがた落ちになって、仕方なくそこに有るだけになっている楽器、、、プレーヤーさんなら誰しも一本や二本、身に覚えがありますよね。

そういった楽器、今年も大量にお待ちしてます! しっかり磨いて、作り変えて、生き返らせますよ!

そうすれば、楽器を通じて、演奏の道具以上の何かが獲得出来るのかもしれません。

リノベーションとは、動機や理由又はその内容は、その時々において依頼者の内包的な心の有り様を示していて、それを欲して実行する事は「物」を大事にすると言う事もさる事ながら、心に豊かな森を茂らせる栄養を欲しているとでも言うんでしょうか、そういった無形では有るけれども確かな栄養が心に蓄積できると思うのです。これは有る友人の言葉を借りれば、「粋」呼ばれる生き方の原動力にも繋がると思っています。
そう言う心に栄養を貯め込む為にも、今年も精一杯作業させていただきます。

そんな訳で、月並みながら、本年も皆様のご愛顧とご指導の程宜しくお願い致します。

2014年12月31日 IRP PRODUCTS 代表

お問い合わせはこちらから
http://i-r-p.net/contacts/

B6VlXFCCQAEyNpU.jpg
posted by IRP Products at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック