IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2005年05月26日

ナチュラルブースター製作その2

前回のナチュラルブースター製作の続きです。

さて、シミュレーションをやった後、実際に作ってみる事にしました。
K様材料
(サムネイルをクリックして下さい。写真が拡大します)
使う部品はこんな感じですかね。写真では全部揃ってませんが。

今回も、蛇の目基盤の登場です。
(お前は一体いつになったらプリント基板を作るんだ?と言う声が聞こえてきそうですが)
K様実験基盤
とりあえずこんな感じで作ってみました。

ここから部品を足したり引いたり、定数を調整したり、数種類作って色々やってみた後、
自分で「まあこんなもんかな?」と言うラインまで達した時点で、ちゃんとしたものを作ります。
ブレッドボードに組んで試したりもしましたが、今回は形になるまでに、実物が3種類出来ました。
が、採用以外の2種類はもったいないですが石と再利用できる部品以外廃棄処分ですね〜
後、作ってて思いましたが、もはやブースターと言うよりプリアンプですわ。コレ。

話が少し逸れてしまいますが、実の所アナログ回路の設計を行う場合、
定石を踏まないでおこうとすればする程、そこに前人が居ると言う場合が殆どなんです。
そんな中、
「従来の回路技術を全く継承しない」
「全く新しいアプローチの回路を考えられる人」
こう言う人たちは天才ですわ。
(ファズ○ァクトリーなんかは、ある意味鬼才の極みかと)
で、今回は急造と言う事で、実は一部分定数を参考にした回路が有ります。
(市販品では無く教科書的な物を参考にしました)
そんな訳で、私は「ただの人」だと言う事を自ら証明してしまった訳です・・・(苦笑)

余談ですが、近年いろんなパクリ問題(歌詞・曲・新聞コラムなど)が世論を賑わせてましたが、
楽器エフェクターの多くも継ぎ接ぎか、丸っとパ○リ、もしくは異常にシンプルなんですよね〜
定数を一個変えたらガラッと音が変わる物があったり。
そんな定数違いの物が「オリジナル」とは別の「オリジナル」として売られている事も有ります。
事実出音は結構違うので、「別のエフェクターだ」と言い切る事も可能と言えば可能ですが。
コレを問題とするか否かは人それぞれですね。
なんにせよ、オリジナルを作る側の人(設計者やその企画を担当する・した人達)にしてみれば、
商売で安易にコピーされると言うのは複雑な思いがする筈です。

さて回路を作った時点に話を戻しましょうか。
K様分回路
とりあえず今回も楽器に内蔵すると言う事で、こんな風に基盤にポットを直付けしてみました。
今回は直付け用の角型ポット(ローレット付き)なんかも用意したのですが、
ちょっとした理由が有りまして、今回の分は使わずに行きます。

さて、今回はK様と相談の上、楽器をお預かりして、このブースターを搭載する事になりました。
で、搭載をご希望されたのがこのストラトです。手元に届いてケースから出したままの状態です。
K様ストラト現状
フェンダージャパンの物ですね。詳しい品番等はよく判りませんが、少し古い物の様です。
しかもかなり弾き込まれた跡が有り、ヴィンテージっぽい風格すら漂ってますね。
K様がご自分で改造された箇所も数点有り、かなり愛着のある一本の様です。
私も少し弾かせて頂きましたが、スプリングの共振音がかなり派手な印象を受けました。
ボディー材がバスウッドと言う事と相まってか、かなり爽やかな音色の楽器です。

さて、ブースターを内蔵するに当たって分解してみました。
K様PG改造前
まあこんな感じですか。元の状態は。

今回は
パッシブPU→セレクター→パッシブVO→ブースター→アウトプット
と言う構成になります。

とりあえずパッシブ部分から整理修正していく事にします。
K様PG改造中
配線を整理するとこんな感じですかね。

VOポットは元々ついていた物を再利用しました。
(余談ですが、ばらつきのせいか、コレはカーブが他の同型の物より綺麗でした。)
この辺りの交換か否かはコストと状態によってケースバイケースですね〜。
見た目のうっとおしい感を出来るだけ排除するような配線を心がけます。
綺麗な配線はスムーズに音が出るような・・・・経験上そんな気が・・・・
ま、音色について良いか悪いかは別として、変化する事は確実です。
この辺は好みで色々弄ると面白い部分では有りますね。

そんな所で、本日はここまで!

<<ナチュラルブースター製作その1へ ナチュラルブースター製作その3へ>>


posted by IRP Products at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | プリアンプ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。