IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年12月27日

シミュレーション通りに実機が動かない事件とアコギPUのレストア

 昨日、やっと修理品の大部分を納入が終わり一段落付きました。(お待たせしてしまった客様へ。大変ご迷惑をお掛けいたしました)
 それでまあ要は暇になった訳なんですが、この機に開発関連の仕事のシミュレーションを詰めてしまいたいと思い、夜中まで作業しておりました。

 それでPC上でシミュレーションを詰めて行き、中々具合が宜しい感じになった所で、いつもの様にブレッドボード(回路実験用基板)にパーツを拡げて音出しチェックをしてみた所・・・・・
ブレッドボード・トラブル.jpg
正しく動きません・・・・組み込みを間違えたかなーなどとあちこち弄って見ても動きまん。。。たったトランジスタ3石の回路で何で動かんのだ!など逆切れ気味に呟きながら、小一時間ほど弄っているうちに原因がわかりました。

ブレッドボードの故障(笑)

アースラインがちゃんと接続接続出来なくなっていました・・・

 あー実験用機材だからこそ!まめにチェックしなきゃダメですね〜。
 
 とにかく原因がわかってすっきりしました。判らないとホントに寝覚めが悪いですからね。

 とは言え、実際に音を出してみたら全然良くないので、もう一度回路のブロック図の構成からやり直し!と言うオチが付いた所なんですが。

----------------------------------------

次に表題のPUのレストアについてですが、これは記事にするかどうか少し迷ったのですが、かるーくだけご紹介する事にします。

 もう随分前ですが、東京の前衛芸術関連の会社にお勤めの坂詰様から、仕事で使うPUを購入した後、
「PUのノイズが酷い」
「ケーブルもなんか変な感じがする」
「何か打てる手は有りませんか?」

的なご連絡を頂きまして、打ち合わせの後にPUをお預かりして原因を調べてみる事になりました。

坂詰様フィッシュマン現状.jpg
 うーむ。改造品か。と。フィッシュマン社のNEO-Dなんですが。
 
 これを見て、「何が行われているのか」判る方もいらっしゃるでしょうから、あまり言及しないでおきます。
 
 ただ一言、お預かりして、音をチェックしてみたらやっぱりノイズが多いなーと。

 まあ・・でもうーん・・・
 
 この改造自体が(以下略)・・・・書く事を躊躇ってしまうのはなぜでしょうか・・・

 と言った様な所で、ちゃんとPUからのケーブルを綺麗に修正〜配線しなおして1/4メスフォンプラグを取り付けて完成です。(もう途中全部すっ飛ばします)
坂詰様フィッシュマン修正後.jpg
 ちょっとした秘密のノイズ対策を施して完成です。外側の網アースは再利用しました。

 これでかなりPUに由来するノイズは減りました。それに合わせてケーブルも製作したのですが、こちらは写真をなくしてしまいましたが・・・

 さて、このPUのオーナー様である坂詰様はオフィス友恵と言う会社にお勤めで、その会社での舞台音響担当者様なのだそうです。又HP内でBLOGを運営していらっしゃいまして、そちらで当BLOGをご紹介頂きました。
アートウイッシュ音作りBLOG

 因みに、私は舞台芸術関連の事にはあまり明るくないのですが、今回ご依頼頂きましたオフィス友恵様は、その世界では有名なグループなのだそうです。所謂舞踏に興味がある方は是非上記HPやtomoe.comをご覧になっては如何でしょうか。

 そんな所で、オフィス友恵・坂詰様ご依頼有難う御座いました!又何か有りましたら宜しくお願いいたします。

本日はここまで。
posted by IRP Products at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック