IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年12月17日

日が開いてますが・・

楽器関連の記事を書くって言って又日が開いてしまいました。
 
 現在開発関連の案件を手がけていると言うのを前の記事辺りで少しだけ書いた事がありますが、それに関して色々シミュレーション中でして、神経がかなり尖った状態になってます。
コンデンサチェック用波形.GIF
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
まだやってる最中なのでなんとも形容し難い波形ですが、パーツ数の少ない物で思ったような波形に仕上げるのは中々頭が痺れます・・・

 さて、次に作曲家のF氏から、キーボードの外部入力モジュールを誤って壊したから助けて〜という至急SOSの連絡が来まして、モジュールを預かってみますと、基板部のサスティンペダルの入力ジャックが変形してます。
F様モジュール修理前.jpg
 F様が無理に修理を試みたそうで、かなり痛んでしまってます。
 本当はスパッと部品交換!したい所なんですが、あちこち探しても中々同型や似た様な物も見つからず(ケースや基板パターンの関係で無茶な改造が出来ないんですね)、仕方が無いので隣の使わない機能のジャックと入れ替え交換してしまう事にしました。しかし基板取り付け型ジャックには泣かされる事が多いですねー、ほんと。
 写真は有りませんが、無事修理は完成してF様へお返ししました。

で、その時、なぜか某社のウクレレキットを頂きまして、(F様も何かのパーティーのビンゴゲームで貰ったそうです)
ウクレレキット1.jpg
色々見てたんですが、数千円の物でボディーが既に箱になってるんですが、ボディーがかなり歪んでまして、ネックが真っ直ぐ付かないっていう(笑)
 まあこう言うものはネタとして面白いですから、その辺を突っ込みながら作る位の感じで、ちょいと実験がてら時間を見て作って見ましょうか。

 しかしネックが真っ直ぐ付かないとか、ジョイントが何の工夫も無いベタ張り仕様だとか、子供の夏休みの工作だったら辛いんじゃないですかね〜。子供が作った場合、弦張ったらジョイントからぽっきり行きそうですし(笑)

ウクレレヘッド加工.jpg
ってな訳で、開発仕事の息抜きにヘッドを整形して遊んでみました。
オリジナルデザインの楽器のヘッド用に随分前から暖めてたデザインなんですけど、ウクレレに使ったらどうかな?とか思いまして(笑)

そんな所で本日はここまで!

因みに、この間のリニューアルついでにBBSを撤去しました。
一応過去ログ化して有りますので、こちらからどうぞ。


posted by IRP Products at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。