IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年11月04日

Martin D-28のナット・サドル交換

 楽器カテゴリに記事を投稿するのも久しぶりな感じがしますが、今回はMartin D-28のナットサドル交換をいきましょうか。今回は静岡県の赤池様からご依頼頂きました。

赤池様D-28到着時.JPG
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)

 因みに今回のD-28は新品の2006年製をご購入なさったそうなんですが、弾いていると、「特定のフレットで妙なビビリが出る・ナット溝が緩いせいか開放弦をハードピッキングすると、弦が暴れる感じ」なので、何とか直して欲しいとの事でお預かりしました。

 で、入庫してから私も弾いてみる訳ですが、なんかこう・・・締りが無い音と言うか、特にご指定のDADGADチューニングだと明らかにプレーン弦の開放が暴れてしまい、サスティンが少なく、音の立ち上がりが足りない感じです。
赤池様D-28ナット交換前.jpg
 ナット溝の広さをぱっと見て、こんな物といえばこんな物・・・こうじゃないと言えばこうじゃない・・・って感じのナット溝の状態ですね・・・・この写真では判りませんが、明らかに生産時にナット溝の切り方(角度)でミスを犯している溝が一本ありました。それがビビリの要因になってましたので、ナット交換で対応します。

 後は弦高が無茶苦茶高いですから、下げる為にサドルも新規で制作します。
-------------------------------------

赤池様D-28ナット外し1.jpg
 ってな訳で、サクッとナットを外して見ましたが、最近生産されたマーティンの割りには簡単に外れてくれましたので助かりました。接着剤も比較的少ない感じですね。

赤池様D-28ナット外し2.jpg
 写真はボケボケですが、ナット溝を掃除しました。

 次は新規のナットを製作して装着ですね。製作中の写真は何枚か撮ったんですが、デジカメの設定をミスっていた様で、マトモな写真が撮れてませんでした・・・仕方が無いので過去の記事を引っ張って来ておく事にしましょうか。弦高やゲージの設定や外形以外の製作方法の基本は殆ど同じですから。

コリングスナット交換の記事

こんな感じですね。因みに前出の記事同様、無漂白牛骨材を使って製作しました。

 次はサドル交換に行きましょうか。
赤池様D-28サドル交換前.jpg
 写真じゃ判りにくいですが、弦高が高い事この上無いって位サドルが高いですね。トラスロッドでネックを概ね真っ直ぐに調整しても、弦高が6弦12Fで3.2ミリ・1弦12Fで3ミリもありました・・・スライドやるなら良い感じの弦高ですが、スラッキースタイルのプレーヤーである依頼主にとっては、この高さだと流石に弾きにくいとの事で、弦高を下げるついでに無漂白牛骨材でサドルを製作します。

 更に、弦止めピンも真っ当に奥まで刺さってませんので、
赤池様D-28弦止めピン.jpg
ここも修正します。

 さてブリッジ周りを分解してみました所、常軌を逸する位、サドルがキツキツに嵌ってまして(最初接着されてるのかと思った位です)、四苦八苦しましたが無事抜いて見ました所、
赤池様D-28ブリッジプレート1.jpg
ブリッジプレートにエレアコに改造する為のピエゾ配線用の穴が既に開いてました。しかし、その穴は表板は貫通していないので結果的にピエゾは無改造で載せられないと言う・・・(笑)

 これは生産時にブリッジプレートがエレアコ用の物と共通だからなんでしょうね。

で、これもサドルの製作その物は過去の記事を引っ張る事にします。

コリングスサドル製作記事

 これもやり方の基本は上記記事と同じですね。今回のD-28の様にエレアコじゃ無い場合は、サドルは厚み方向にほんの薄皮一枚分キツ目に作るのがコツです。

 次はブリッジピンの修正です。
赤池様D-28ピンホール修正.jpg
 ブリッジピンは円錐状のテーパー形状ですので、その形状に合せる様にリーマーで穴を拡げてあげる必要が有ります。(間違ってもドリルで寸胴穴に拡げてはいけません)
 写真の様に専用リーマーにマスキングテープを張って切削サイズを決めて少しずつ拡げてあげます。(久しぶりに工具箱からリーマーを出してきたら錆びてました・・お恥ずかしい・・・)

 次に、エンドピンの修正も頼まれてましたのでそれも行います。マーティン製品って新品販売時はエンドピンは取り付けられずに付属品として別になってますが、往々にして真っ直ぐ刺さらない物が多い様です。

 そして取り付けて押し込んでみた所・・・・・・
赤池様D-28エンドピン修正前.jpg
 これってどーなんでしょう?見るからに危なっかしいですね(笑)
これもブリッジピン同様、取り付け穴をリーマーでテーパー状に修正します。

赤池様D-28エンドピン修正後.jpg
 これでちゃんと収まりました。最終的に軽く叩き込んでキツくなる位のサイズに仕上げておきます。こうしておくと少なくとも演奏中にピンが抜けて楽器が滑落する事は避けられます。

 ってな訳でその後、色々振動系の調整を行って完成ですね。
赤池様D-28完成.jpg
弄る前の写真となんら変わりは有りませんが・・・

赤池様D-28ナットサドル完成.jpg
 ナット・サドルは交換しました。

 ナット溝の幅・深さを適正に作り直しましたのでビビリは一掃されました。適切に作れば必ず気持ち良い音になるので、牛骨材(当たり外れは有りますけどね)は私の好きな材料の一つです。

 後は、ブリッジピンもちゃんと収まってますし、ブリッジピンからサドルに掛けての弦溝ノッチも刻んで有ります。サドルの弦接点も各弦で音色のバランスが合う様に少しずつ頂点Rを変えてありまして、アタック感が綺麗に出る様に仕上げてみました。この事によって音に張りが出てきています。
(しかし・・撮る前に埃を払うのを忘れていたので汚い写真ですね・・・・)

といったような所で作業終了です。

赤池様レビュー.PNG
 納品後に赤池様からレビューを頂きました。メールで頂いた記載文以外にも、他にも色々プレイングフォーム等の細かい音の事など、色々打ち合わせたりして完成です。

赤池様、御依頼頂きまして誠に有難う御座いました。
また何か有りましたら宜しくお願い致します!

本日はここまで!


posted by IRP Products at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ナット・サドル関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。