IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年10月09日

多チャンネルLOOPペダル製作

今回はいつもお世話になっている、埼玉県のギタリスト澤野様からのご依頼で製作した多チャンネルLOOPペダルのご紹介をしましょう。

澤野様多段LOOPペダル叩き台2.PNG
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)

 今回も色々スイッチの機能や位置等の細かい打ち合わせを行いながら、こんな風な感じの物を作ることになりました。ザックリした図を幾つか作ってそれを元に打ち合わせます。3LOOP+フルバイパスでパッシブと言う機能を持った多段LOOPペダルですね。
 
 因みにLOOPペダルって、製作に掛かる時間の殆どがレイアウトを決める作業と言っても過言では有りませんので、その辺の詰める所に関してはぎりぎりまで精査します。無茶なレイアウトで頼まれて安請合いしますと、非常に使い難い代物が稀に出来上がったりしますんで(笑)
 
 で、その後材料を仕入れ、きっちり寸法出し後に製作に入るだけです。

澤野様多段LOOPペダル穴あけ.jpg
 今回もタカチ社のアルミダイキャストケースを使いますが、このケースは外形がハモンド社の同質の物と比べ、ちょっと癖が有りまして、ケースの側面が底面+上面に対して直角では無く、コンビーフの缶の様に少しテーパーが付いてます。
 その為、パーツ穴の位置決めがちょっとやり難かったりするのですが、個人的にタカチ社の物の方がエッジに 丸みが付いていて好きなので、私は良く使っています。

 ってな所でサクッと穴開けを行い組み込みます。

澤野様多段LOOPボックス完成1.jpg
出来ました。
 
 このお客様の澤野様は以前パッシブVOペダルver2のご依頼を頂いた事が有りますので、前回のご希望や配色を踏襲した様なラベルを製作してみました。
(そのうちラベルの製作の方法も記事にしましょうか)
 
 使う配線材やジャックも一般的に良いとされているスイッチクラフト等の物を使って製作しました。

澤野様多段LOOPペダル完成2.jpg
完成してフルにケーブルを繋ぎ込んだらこんな感じでしょうかね。


 ご依頼頂いて、完成したのは8月くらいでしたか・・・もうすでに何本かのライブで使って頂いている様で、「音質の変化も殆ど無しで、踏み分けも非常にやり易い!」と言う評価を頂いて、澤野様のHPの日記(日々の糸巻き2006年09月15日)の方でもご紹介頂きました。

澤野様 御依頼頂きまして有難う御座いました!
今後とも宜しくお願い致します!

それでは本日はここまで!

ご依頼頂いた澤野様のHPはこちら
澤野隼土 Guitar Sawy Room


posted by IRP Products at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも無茶なアイデアを形にしてもらって
まして、すみません…(笑)
すっかり足元の中心になりまして
大活躍中です。
既存製品とは一線を画したかったので
このサイズで3ループでお願いいたしました!
欲張りすぎたかとも思いましたが
大満足の仕上がりでした!
こちらこそ、また宜しくお願いします!
Posted by サワノ at 2006年10月10日 00:53
サワノ様
書き込みありがとう御座います!

>いつも無茶な〜
いえいえ、こちらこそ、技術的な提案部分を快く受け入れて下さいますので、
いつも楽しく作業させて頂いてますよ〜
尚且つ出来が御気に召した様で何よりです。

出来る事であればどんな事でもやらせて頂きますんで、
又何か有りましたら宜しくお願い致します!
Posted by 楽器無常@管理人 at 2006年10月10日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。