IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年10月08日

エフェクターの修理を幾つか纏めて

 最近は随分涼しくなってきて、かなり過ごし易い日々が続いていますので、かなり集中して作業出来ています。そのおかげで何とか夏の遅れも解消されつつある今日この頃ですが、皆さん如何お過ごしでしょうか。

 体調のアレやコレやで、暫く木工が出来なくなった分、営業も兼ねて外回りと打ち合わせへ頻繁に行っているのですが、この間某アーティストのバックバンドメンバーのベーシストさんに久しぶりにお会いしたので呑みに行く事になり、居酒屋に向かう途中、これまた偶然、昔すごいお世話になった某舞台監督さんとも出くわしまして、3人で色々呑みながら話し込んでたんですが、皆、立場は違えど色々今の音楽関連の仕事には何かと腹に一物を抱えてたりするみたいですね・・・・なんとも抜けの悪い酒になってしまった様な感じですが・・・・

------------------------------------------------

さて、表題の作業内容に入っていきましょうか。

私、実は楽器以外にもエフェクターも結構な数を治していたりします。

 そう言うスタンスの為か、あるブランドの代理店様から「(あるブランドのエフェクターの)修理が発生した場合のリペアを引き受けて下さいませんか?」と言った様な有り難いお話を頂いたりして、非常に嬉しく思って居たりします。

 と言った様な所で、今まであんまり載せていなかった修理例の一部をご紹介する事にしましょう。(今回は詳しい作業内容は無いですが)

澤野様ミスターエコージャック交換.jpg
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
 アメリカのSIB社の製品でミスターエコーと言う物ですね。電源が入り難くなったり、誤作動が多いとの事で、調べてみるとジャックが破損しており、同型の物に交換しました。この取りつけナットがプラグのガイドを兼ねているプラスティック筐体のジャックは、固定用ナットを取り付けミスするとプラグが真っ直ぐに刺さらなくなり、後々接触不良を起こしやすくなる様です。
 
 音はアナログディレイ的な暖かい音です。あるポイントで左のSLAMスイッチを踏むとジミーペイジのテルミン+マーシャル見たいな音になります。コレは本当に良いディレイですね。埼玉県S様からのご依頼でした。

S様HDB.jpg
 こちらはアメリカのCarlMartin社のホットドライヴィンブーストですが、音がまともに出ないとの事でお預かりしました。100V電源を使用するトランス内蔵モデルで、安定化電源周辺のパスコンに液漏れ破裂等のトラブルが起きていました。コンデンサや巻き込まれて破損していた3端子レギュレーター共々交換しました。又、その際にパスコンの容量を上げ、基板パターン面に発振止めのセラミックコンデンサも追加しました。
 
 音は丁寧なアナログ系歪エフェクターと言った様な、甘くてキメの細かい所からバリバリとした割れる様な歪まで出せるのが特徴ですね。こちらも埼玉県S様からのご依頼でした。

O様VHT到着時.jpg
 コレはアメリカのVHT社のチューブプリアンプGP-3のメンテナンスです。「かなりポット類にガリが出ており、チューブの光り方も変だから見てもらえませんか?」との事でお預かりしました。幸いチューブ周辺の回路には異常は無く(単に消耗度合や電流の関係で光り方に違いが有った)ほかのガリ等のメンテが中心になりましたが、一部アース不備な箇所もありましたので、その修正も行いました。
 
 音は、解像度の非常に高いパリッとしたエッジ感のある音で、ハイゲインからローゲインゲインまで無理をして無い感の余裕のある音でした。こちらは大阪府O様からのご依頼でした。

K様ダイナコンプ.jpg
 見ての通りMXR社のダイナコンプですね。音が出ないと言う事で、お預かりしまして、色々分解して調べてみました。分解して基板単体でチェックしてみると音が出ますので、問題は外装パーツかな?などと思っていると、電源ジャックの電流逆流防止用直付けダイオード(中空配線・・)が焦げているのを見て、直感的にコイツだ!と(笑)調べてみたらやはりそれがお亡くなりになって音が出なかった様です。ダイオードを交換〜配線を全交換で綺麗に引き直し、組み込んで終了です。
 
 音は、さすが一時代を築いた音って言う所でしょうか。スライドとアルペジオをやってみるとコレの良さが身に染みます。東京都K様からのご依頼でした。

K様WH-10.jpg
 コレはアイバニーズ社のワウで、廃盤になってからかなりプレミアが付く程の人気機種だそうですが、コレも音が出ないと言うかバリバリ・ビー・ジーと言った様な、所謂壊れた音がすると言う事でお預かりしました。軽く分解して、パターン面を目視した所、故障箇所が判りました。IC周辺の帰還部のコンデンサの足の半田がクラックを起こして基板から離れていただけ、ここを半田付けしてチェックしたら治っていました。他にもメンテして終了です。
 
 音はワウとしては全帯域に綺麗に掛かり、変化量も気持ち良いポイント調整できるので中々宜しい感じです。オーソドックスなワウよりも音が綺麗ですね。コレも東京都K様からのご依頼でした。

と言った所でかなり駆け足での紹介になりましたが、エフェクター修理の一部をご紹介してみました。

ご依頼下さいました皆様、本当にありがとう御座いました。
又何か有りましたら宜しくお願い致します!

本日はここまで!
posted by IRP Products at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック