IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年08月27日

アコースティックギター用PUのミキサー回路

夏の暑さもひと段落着いたようですが、台風が来ると気圧が下がって妙に辛い今日この頃です。

ここ数日、前にも記事で書いたアコースティックギター用プリアンプの製作をやっていました。
製作その物の記事は有りませんが、紹介だけしようかなって事で、今回の記事になります。

 話の発端は、「アコースティックギターをエレアコにしたいんだけどどうしたら良いでしょう?」的なご相談を頂きまして、その打ち合わせ等細かい事をやっていたのですが、その際に、数種類のPUを混ぜてアウトプットできたら良いのに〜等々のお話が有りました。

 その結果、こちらも色々考えてみた所、ご相談頂いたお客様は、押尾コータローフォロアーな感じの方なので、それだったら奏法的な事も考え合わせたらコンタクトPUとマグネットPUを混ぜるなんてのも良いですよね〜と言うご提案をさせて頂いた所、そのままの案が採用になりました。
 
 ただ、パッシブの物同士を単に混ぜるのは各PUによる音量バランスの問題や・・数種類出力の後、外部ミキサーで混ぜると言うのは利便性に多少問題が有ったりしますので、今回は楽器内蔵用アクティブミキサーを製作して、楽器内部で混ぜてから出力すると言う方式を取る事に。

 楽器内蔵用って事は出来るだけ小型化させる必要が有ります・・。今回はEQ等同梱しませんので、小さく作る事は可能です。大体ミキサー製作といってもただの加算回路ですから、定石の雛形回路を忠実に作っても、結構小さいんですが。
回路的には一応雛形の回路を踏襲しつつ帰還部に小容量のパスコンを入れ、ノイズを押さえる等の手は加えました。

赤池様ミキサー回路試作版.jpg
(サムネイルとクリックして下さい。画像が拡大します)
 これは蛇の目基板で作った試作品ですが正式版はプリント基板で製作します。OPAMP1石の本当に基本的な回路です。写真のトリマーはゲインになりまして、後段に繋ぐエフェクター等によって変えられる様にしておきます。
 
 写真はまだ入力以外の増幅部分のみですが、この写真でも解る通りかなり小さく作る事が出来そうです。入力部分は今回3.5φのミニフォンプラグを使いますので、それに適合したジャック分大きくなりますね。

赤池様コンタクトPU.jpg
 今回使用するコンタクトPUはシャドウ社のコンタクトPUですね。好みは分かれるでしょうが、比較的安価ですがよく出来たPUの一つだと思います。

次にマグネットPUですが、
赤池様マグネットPU.jpg
フィッシュマン社の製品で最近かなり人気の高いNEO-Dを使います。
これはマグネットPU製品群の中では音色もバランスも申し分なく、コストパフォーマンスに優れた良いモデルだと思います。

これらPUの選択は依頼主の方に御支給頂きました。

 で、これらのPUの出力ケーブルに3.5ファイのミニフォンプラグを取り付けます。
赤池様コンタクトPU2.jpg
こんな感じですかね。

懸案のミキサー回路ですが、出来上がりはABS製のケースに収めて・・
赤池様ミキサー回路完成.jpg
 こんな雰囲気の物になりました。大きさは名刺の一回り小さい位の物ですかね。結局ジャックと音量バランス設定用トリマーが全体の50パーセントを超える大きさになってしまいました・・・因みにこれをフェーダー(スライドヴォリューム)にすれば見た目も合わせて完全なミキサー回路になります。
 
 こう言う所に自由度が有るのがハンドメイドの利点ですね〜

 次に、ジャックと回路の間にあるのは、ダイヤル型ヴォリューム(昔のウォークマンなんかでお馴染みのVOですね)を使った回路のマスターVOです。これをサウンドホール脇に設置すると音量コントロールが容易になりますね。
 これはLRバッグス社のエレメントと言うPUがこう言う仕様になってまして、それを扱った時に便利だったのでアイデアを拝借しました。
エレメントを扱った時の記事はこちらです。
http://repairtech.seesaa.net/article/17379638.html

 
赤池様ミキサーPU接続.jpg
フルに繋ぎ込んで見たらこんな感じでしょうか。
後は楽器に取りつけるだけですね。

といったような所で本日はここまで!

追伸
依頼主の赤池様、メールが帰ってきてしまいます。ご連絡いただけますでしょうか?

この後、楽器へ搭載関連の記事
「ヤマハLLのエレアコ化」
posted by IRP Products at 23:12| Comment(1) | TrackBack(0) | エレアコ化関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すみません。
このミキサーの音はどんな感じですか?
実は私もインブリッジとコンタクトピックアップを
混ぜたいですが、そのまま線を繋ぐだけでは
音が小さくなりまともなものになりません。
何かヒントがあれば教えて頂けますか?
Posted by リンゴ at 2016年09月09日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22900582
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック