IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年06月24日

suhrのPU交換と電装系修正

今回は埼玉県HNじょん様から、アメリカ高級コンポーネントギターメーカー「suhr」のフロントPUの交換依頼を頂きましてその作業を行わせて頂いた記事を書きましょうか。

まずはいつものように、到着時の画像からですね。
じょん様suhr到着時3
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
ヘッドはシェクターそのまんまの形状で、バースアイが嫌味の無い程度に入っていて良い感じの見た目ですね〜

じょん様suhe到着時
全景を見るにつけこれ凄い豪華・華美なルックスのギターです。
メイプルトップ・バスウッドバックな仕様ですね。近年有名コンポーネントギターがよく採用する組み合わせですね。

じょん様suhr到着時2
ファンシーウッドファンにはたまらないメイプルトップですね!

今回は、お客様の意見として、「このシングルコイル自体は物凄く好きな音だけど、今やってる楽曲群がハイゲイン系で、ヴィンテージ系の出力のシングルコイルではどうしても粘りが足りない+ハウリングを起こすので交換したい!」との御希望でした。

お預かりした訳ですが、とりあえず私も弾いてみます。
非常に綺麗な爽やかな音のギターですね〜キレが良いと言うか立ち上がりが早いというか。ただハイゲインを狙った場合には、PU交換を御希望される気持ちもわかるなあと言うのが私の第一印象でしょうか。

これぞ良質なシングルコイル!って音なのですが、ちょいハイゲインにしてロングトーンを弾くとサスティンが足りない、ハム的な押し出しがもうちょい欲しい感じです・・・このPU、3Sのストラトに付けてカッティング中心のスタイルだと物凄くハマるんじゃないかな?と。

後、これはバズフェイトンチューニングシステムが入ってるのも特徴ですね。
近年こういったチューニングに革命を起こすような機構がたくさん出てきていますが、それら全てちゃんと日常からメンテナンスして始めて成り立つと言う物だったりします(それはどんなギターでも同じですが)

さてPU交換ですからサクサク分解していきましょうか。
今回はフロントPUのみの交換ですからたいした作業じゃ有りませんね〜と思いながら裏蓋空けてみたら

じょん様suhe配線施工前
おおおおう、何じゃこの配線の汚さは(苦笑)
オーナー様は中古で御購入されたそうなんですが、どうやら前オーナーが結構弄っちゃってるみたいですね。パッシブミッドレンジフィルターも引きちぎられたようになってますし。。。。

気を取り直してフロントPU外しましょうかね。
じょん様suhrPU交換前
PU外すだけなんで単純な話です・・・・
って(写真じゃ判りにくいですが)よく見たら、PU取り付け穴が両側2個ずつ空いてる。。。
前オーナーがPU外して再度取り付けるときにミスったな・・こりゃ。と言う訳でここも修理します。
じょん様suhrPUザグリ修正
サクっと余分な穴を埋めて導電性塗料を塗って修正しました。

さて、フロントPU取り付けましょうかね。
じょん様suhrPU交換後
思いっきり写真が飛んでますが、今回はディマジオのPro Trackを使います。
フロントがシングルサイズのダブルレールってこの感じのギターだと外観が引き締まる感じがしますね。もちろん音の方も太いというかオーナー様の御希望されるリードトーンにかなり近づいてます。流石に比較対象がシングルコイルなのでアレですが、押し出しが強くなりました(笑)

さて懸案の配線ですが、今回は引き千切られてしまっているパッシブミドルフィルターを撤去して普通の1V1Tの回路にします。
じょん様suhr配線完了
こんな感じで完成ですね〜配線材はベルデン等を使い分けています。
ポットは東京コスモス製の物を使いコンデンサはビタミンQです。
(余談なんですが、納品は済んだものの、諸事情で記事の続きが書けなくなってしまっているシャーベル君の電装系修正この記事のお客様だったりします。一度打ち合わせしている事も有って今回はパーツの選定等スムーズにお仕事させていただきました)
オーク社製の4回路レバースイッチは元の物を流用しますが、今回は諸事情から特殊配線は一切無しです。

この時点で音は結構元気になりました。施工前が気の抜け気味の炭酸飲料だとすると、施工後は封を切ったばかりの炭酸飲料って感じでしょうかね。
後は又色々調整修正を行い、裏蓋を閉めて電気系も終了です。

ってな訳で今回は完成!
じょん様suhr完成1
見れば見る程綺麗なギターですね〜物凄いフロントがパワフルな音になりましたが。キレは失わないぐらいの設定に調整してのお渡しになります。

じょん様suhr完成2
ルックスも凄い締った感じですね。結構個人的には好きな感じです。

じょん様suhr完成3
ヘッドはペグナット等の増し締めを行った以外は弄ってません。

という訳で、埼玉県HNじょん様、再びのご依頼ありがとう御座いました!

因みにじょん様はJackson Factoryと言うサイトを運営してらっしゃいまして、ずいぶん前からリンクを張らせて頂いてますが、ここで紹介させていただきます

又何か有りましたらよろしくお願いいたします!今後ともよろしくお願いたします。

本日はここまで!


posted by IRP Products at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。