IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年06月12日

Collingさん再び

以前
Collingsさんシリーズとして、
Collingsをハイランダー搭載にてエレアコ化・ナットサドル交換すると言う一連の作業を記事にしたことがありますが、今回は同じCollingsさんのPU変更の作業です。

オーナー様は歌伴ライブ〜レコーディングと幅広くこの楽器を使っておられるのですが、「ハイランダーの音はどうも自分のプレイスタイル+機材群に合わないかもしれない」と言う意見が出されると共に、常日頃から色々話し合いを持っていたのですが、今回、色々話し合った結果、PU交換に着手する事になりました。

それで今回はどんなPUにするか、色々リサーチした結果、その方の師匠筋関係に当たる、ある著名なアコースティック系ギタリストさんが使っているとの事や、色んな意見を総合した結果、
B-BANDと言うメーカーの
http://www.b-band.com/guitar-systems/ust.php
http://www.b-band.com/guitar-systems/a1.php
リボンピエゾとジャックインプリアンプへの交換を行う事になりました。
これも近年評価がうなぎ登りのシステムなんですが、最大の特徴はピエゾPU自体が非常に薄くリボン状に作られていて、サドルから伝わる弦の振動〜楽器の鳴りを殺さないと言う事に尽きるんではないでしょうか。某メーカーに勤めていた時に、これ以上に薄い、あるリボンピエゾが大ハウリングを起こして苦労した覚えが有るので、正直、リボンピエゾはまたハウったらいやだな・・とか思っていたのですが、これはそんな事が全く無い感じの音で、非常に好感が持てました。音は非常にナチュラル志向ですね。ピエゾにありがちな高域に寄り過ぎた感じはあまり有りません。

さて、まあピエゾの搭載自体は前にも記事にしてますんで、この際思いっきり割愛してしまう事にします。ちなみにハイランダーを搭載する時に、少しサドル溝の底を丸く削って有るんですが、今回はそれを真っ直ぐに削りなおしました。写真撮り忘れてますけど・・・・

B-BANDピエゾ
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
さて懸案のピエゾの薄さなんですが、ホントにペラッペラです(笑)まあでも製品としてみたら、非常に良く出来てると言うか仕上げは綺麗だな〜と思いました。数箇所疑問な点が無くは無いですが・・・・。
今回は生音を主軸に据えた上で、ピエゾのキャラとのバランスを取るために少し特殊な仕込み方をしてみましたので、その写真は無しにする事にします。

B-BANDプリ
エンドピンジャックの中に回路は収められてます。回路の写真はまあ見せない方がいいのかな・・一応。電源ケーブルなどは楽器内部ばらけ無い様に、あらかじめ結束バンドで纏めておきます。
元々ハイランダーが載っていますので、今回はエンドピンジャックを載せるのは非常に簡単に行えました。所謂ポン付けですね。一応開いている穴とエンドピンジャックの穴の径は違うので、一工夫はしてありますが。

と、結局乗っけてる最中の写真を失くしてしまいました・・・・

B-BANDサドル
今回はピエゾが変わるのでサドルも製作し直しました。
そして仕込みなおして、総調整して
コリングス完成
完成!
と言うわけで、色々紆余曲折の有るギターですがオーナー様に今回も御用命〜作業させて頂く事が出来ました。感謝すると同時に今後ともよろしくお願い致します!

しかし・・・先日のHDDのトラブルから写真を無くしてしまったりして、どうしようもない記事になってしまいましたが、本日はここまで!
posted by IRP Products at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | エレアコ化関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック