IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2006年02月26日

アリアプロスルーネックギターの改造その5〜完結編

アリアプロスルーネックギターの改造その4の続き行ってみましょうか。
このシリーズは今回で完結になりますね。


さて今回は何をやるかというと、

「テンションバーの取り付け」

以上。

って感じです(笑)
テンションバーって何?と言う方向けにやさしく説明しますと、ナットに対しての弦の圧力を上げ下げする部品です。今度別の機会にでも図を書いて説明しましょうか・・・
フロイドローズ系ロックナットにはほとんどの場合併設されている重要な部品だったりしますが、ある一定の条件を満たしていれば無くても行けたりします。(無しでちゃんと成立している物は殆ど見た事がありませんが)

さて、今回のアリアプロはヘッド角度が付いたモデルですので、適切な設計がされている上で、正しく作り込まれていれば、テンションバーは必要ない訳ですが、現実は角度付きヘッドでも、テンションバー無しと言う設定はなかなか難しく、目の前にある機体でもナットをロックしたらチューニングが上がると言う状態でしたので、今回はテンションバーの追加を行う事になりました。

まあそんなに難しい事でもないんで、さくっと行きましょうか。

F様RS-テンションバー現状
(サムネイルをクリックしてください。画像が拡大します)
こんな感じですね〜。どう見ても普通のヘッドです。

F様RS-ドリルビット
ここにドリルビットで穴を開けるんですが、失敗してヘッドを貫通しないようにドリルにマスキングテープみたいなものでマーキングしておく事にします。

F様RS-テンションバー穴あけ
次に、テンションピンの位置を決めようと思い現物合わせしてみます。良くあるテンションバーの位置に取り付けようとしたら、ロッドカバーに干渉しますね・・・しかもこれ、金属製のロッドカバーなんですよね・・・下手に干渉させてロッドカバーを加工したら、それこそすごい格好の悪い仕上がりになりそうなので、お客様と相談の上、テンションバーの位置をナットから少し離して取り付ける事にしました。

F様RS-テンションバー取り付け完了
取り付けたら、こんな感じでしょうか。まあ何も難しいことはありませんね。

そしてちゃんと調整後・・・・

「完成!」

今回の作業は全て終了!

今回は作業前の画像が無かったので完成画像だけ行きましょうか!
F様RS-完成全体
割とスタイリッシュなギターですね〜全体を見ると。

F様RS-完成ヘッド

F様RS-完成ボディー

こんな感じで完成です!
さて、時間がかかってしまいましたが、元気にオーナー様のところへ行ってらっしゃい!
・・
・・・
・・・・
・・・・・
という訳で、この記事を書く前に(遅くてすいません)使用感等々レビューを頂きました。
岡山県F様とはメッセンジャにて打合せていたのですが、そちらでレビューを頂きまして、
その時のメッセンジャログを公開しても良いよ〜との事なので、公開する事にしました。
(抜粋して語尾や文脈を纏めた以外は殆ど編集してません)
以下のページからご覧下さい。(別ページで開きます)
岡山県F様RSカスタムレビューページ

岡山県のF様、御依頼頂きまして誠に有難う御座いました。
また何か有りましたら宜しくお願い致します!

F様RS-おまけ
(これはおまけの写真です)
posted by IRP Products at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック