IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2014年11月15日

隣接分野の与太話

まぁ相変わらず、与太話が続く訳ですが、今回は自身が口を糊して所属する分野に隣接する世界について書いてみようかと思います。

さて、IRPももう随分ネット上では長く生息しておりまして、なんだかんだで10年ですか。
その間色々な事が有ったのですが、まあ一つ一つの事案は置いておいたとして、このネットの上からの現実世界へのアプローチと言う方法で、色々やっておりますと、引き合いだったり、ご依頼だったり、問い合わせだったり色んな出会いが有ります。

そんな中、作業内容がギター修理製作開発と近しいけれど、ギターではない方面の方との出会いがそこそこ有ったりします。例えば三味線の方ですとか。そういった方々が所属する所を隣接分野と定義してお話を進めて行きたいと思います。

さて、当の私はと言うとギター修理だけに留まらず色んな引き合いや、様々な環境の要因からとある貿易系の仕事にも関係しているのですが、この貿易関係の仕事と言うのはギターに限らず楽器業界の隣接分野としてかなり身近で有り密接な関係の存在でして、例えば弦一つ取ってもそうですし、木材やディマジオだとかダンカンのPU、そもそもボリュームゾーンとして国内で最も売れるフェンダーやギブソン等と言う海外ブランドの楽器は、全て海外から輸入されて来た舶来品に当たります。つまり貿易による取引の後、日本に入ってきている訳ですね。これを隣接分野と言わずしてと言った所でしょうか。

そこで私は食っていく為と言うだけでなく、隣接分野に対する知的好奇心の範疇から、数年前から貿易関係の仕事も手掛ける様になり、今に至っています。

さて、なぜこのような話をするかと言うと、隣接分野と言う物は必ず自分が所属する分野との間に深い溝が有り、だからこそお互いが利害関係なく、むしろ共存共栄できる関係であると私個人では考えております。

そんな所から、私は隣接分野間に横たわる深い溝を飛び越えて、広い視野を持ち、硬直化した楽器というジャンルから脱却し、柔軟な頭の持ち主になりたかったのであります。とにかく動かしてみない限り、何も始まらない。。社会科見学の様な物ですかね。

とまあそんな事で覗いた貿易の世界は奥が深くて、想像していたよりも面白い分野で有りました。経済情勢だとか何だとか、その先に何があるかはわかりませんが。

ただまあ、これだけ世の中が閉塞感満載で、年々消費世代の人口ボリュームが尻窄みで有る事を鑑みると、楽器の世界は全く持って明るい兆しが無く、早い段階で隣接分野の可能性や貿易立国日本の置かれた特殊事情に賭けて飛びこんで見た貿易の世界ですら閉塞した状態なのであります。勿論この世界にも隣接分野が有りますからそこを見て回って人と出会っても、各所先があるのか?この先どうなんだい?という感覚が拭えないでいます。

こんな時代だからこそ、今まで通りの沈思黙考もそろそろ終わりにして、何か動き始めてみる・・・というのも重要なんじゃないか?なんて強く思うようになってきました。そもそも世の中のせいにばかりしていては、何よりも面白くない。どうせ不平、不満で終わってしまいますからね。

そんな感じで、そろそろ色々整理して身軽にシンプルに動けるような体制にシフトする時期が来てるなあと感じていて、隣接分野と出自の楽器分野の融合を自分主導で始める時期が来ているのかなと。

さてこの考えを練って乾かして形にして行けるのはいつになるのやら。

更に話は少し逸れてしまいますが、、

Kindred Process from Visual Inclination on Vimeo.



私は本来、こう言う牧歌的な暮らしをギターの世界でしたかったんですが、個人的な事情やら、業界の諸事情やら周囲の何やらは残酷なもので、何を間違えたか真逆の電話とメール着信音が鳴りまくる生活を送ってます。。

ロハスだとか、ノマドなんて言葉も一時期流行りまして、ブラブラしてた事があり、その頃何気にすれ違った、H社かF社に入社していたらお金の面は置いといても、随分それに近い生活を送っていた可能性が有ったかもしれませんが、叶いませんでした。

その時、ディレクターとして来て下さいって言ってくださった長野県F社の社長さんには今でも感謝しています。諸般の事情でそれは実現せず、、後にその社長さんが亡くなったと言う話を聞いた時、遠い目になって、あの日見た長野の山稜に実現しなかった 未来を想ったものです。

それから8年程経って、今、全く形態の違う忙しい生活を数パターンのタスクで処理しながら口を糊して想う事は、色々整理してシンプルに暮らしたいと言うことと、上記にも書いたその繰り返しですが、そろそろ諸般の事情などに妨げられず、主導を自分に取り返す時期に差し掛かって来たかなと、そんな事を常に考える昨今なのであります。
posted by IRP Products at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

リノベーションの話

いつもながらの話、ビンテージ系(否、ビンテージそのもの)っていうのは、
何がしかの時代感やオーラという物をオーナーの気迫と共に纏っているような気がしてなりませんね。

何でしょうね。この形容しがたい感覚というものは。技術屋とプレーヤーの知と美の絡み合いといった、、、
雰囲気が有るとか、味わい深いとか・・・いろんな表現で曖昧な言い方を一言で纏めてしまう魔法の言葉が

「ヴィンテージ」

誠に甘美に映り、響きにすら感じられる、崇高な言葉。

決して昨日今日ではできない、一朝一夕を超えたある種の普遍性でありながら、
懐かしさ・・・音楽への貢献、文化を編んで行った歴史等々様々な要素がプレーヤーにとって
特別なオーラを漂わせていると言っても過言ではないでしょう。。

なれば、楽器演奏文化の成熟化・多様化が行き着く所まで行き着いたとて、
この手のものが通常の演奏に耐えられる状況を保っている事が非常に希少で、
少しでもプレーヤーの演奏状況というものを整えてやるのも私共に課せられた重要な仕事なんでしょう。

という事で沢山ビンテージギター(一般的な意味でのフェンダー/ギブソン以外でも)を持ちのお客様からの、
レストア依頼そのものは市場ニーズと相まって、今後恒常的にかような仕事も増えてくるのかもしれませんね。

さて、このエレキギターというのは、当時の名品といわれる物の多くは、生産年が古くなればなるほど所謂伝説的な話が付き物で、
なぜ生産されたのか、なぜこのような構造なのか等不明な事も多く、脚光を浴びなくなった後は、人間と同じでどんどん調子を崩していく物です。
子供で言えば青年期を卒業し中年に差し掛かった辺りで体調を崩したから直してくれといった感じでしょうか。

私共ではそんな往年の名品の修復作業という御依頼を割合昔から多く手がけさせて頂いております。

そういった楽器の殆どは、今となっては詳細不明やトレンドではなくなったパーツが取り付けられていたり、、、
なので、新しいPUやパーツに交換したり、ネック/ブリッジを掃除して、
場合によってはフレット/ナットを打ち変えて、弦を張って調整してって・・・

弾くなら弾き続けてあげないと、放っておいた状態を再生させるのは、本当に大変なのですが、
幸いにして、現在はパーツ供給が豊富で、また規格化がずいぶん進んだ時代でもありますので、
工夫次第でトータルバランスが取れていれば、、、
そういう風に手間かけてやると思いの外使える様に音楽的にも生き返るものです。

逆に言うと、手間隙をかけて、かわいがってやらないと、いい面を発揮してくれませんってな話。

話は変わって、いつも思うんですが、私は写真が得意ではなく本当に下手な部類です。
最早、単なる記録・・・位にしか考えていないので、カッコいいアングルだとか、
光の加減がどうだとかあんまり気にして撮っていません。そもそも撮れないって話なんですが。
iPhoneぐらいしかまともな撮影機材は無いですし。

そんな、日々の記事で写真に無頓着の私の撮った写真にすら、日々の作業を行っていると、
時々、修復作業前の写真と、修復作業後の写真に言葉に表せない何というか、、
明らかに後者の方が楽器全体にまだまだ戦えるぜ!といったオーラが感じられる事があります。

これは写真の撮り方で変わっているのでは有りません。
あくまで楽器その物の変化であり、それ以上、以下でもないんです。

大量生産大量消費の時代はとうの昔に終了して久しく、ここの所特に感じることなのですが、
楽器演奏を楽しむ人口のボリュームゾーンその物が、随分ご年配の方へシフトしてきて、
そういった方が昔手に入れたまま仕舞い込んだ楽器というのは相当量眠っていると私は思っております。

それを若い世代へ引き継ぐ(一般的に価値のあるヴィンテージ楽器に留まらず)レストア文化がひとつの世界として
成立する時代がそこまで来ている様に個人的にはここ数年感じるところではあります。

そうやってひとたび蘇った往年の楽器達は、現在売られている昨今の一本とは全く異なる相貌と雰囲気を持っている筈です。

ちょっとやそっとでは真似できない風貌。風格。音色。

そんな楽器を持って現在過去未来すべての音楽を奏でる事はきっと素敵な事ですよ!

又少し話は変わって、先日来たお見積もり依頼の話。

一般的なフェンダー系楽器は適合する部品を手に入れて、自分で色々工夫の上、組み立てれば、取り敢えずギターの形にはなるけれど、細かい所が上手く行かないので、最終調整をしてほしいと言う見積もり。

個人的にこう言うお客さんの見積もりとか実作業が大好きで、予算の縛りとか割とすっ飛ばす勢いの見積もりを書く事が多く、後でもっともらっときゃよかったなー失敗したなーと思う事が。。


言葉は悪いですが、場合によっては事故車をレーシングカーに作り替える作業って言うんですかね。もう一から作った方が速くないかい?的なw

そんな見積もりの最中に思い出した事。

プロのプレーヤーの知人が自分で組んだストラトがどうにもチューニングが合わないって言うので、回ってきた仕事が有りまして、、これが実機を見たら、トラスロッドが折れてネックがアホみたいに順反っていたと言うケース。

結局費用的にネック交換になったのですが、結果採算度外視で全体的に改修の手が入り、これはもうれっきとした事故車をレーシングカーに作り替える様な作業でした。
実はその時の仕事がメーカーを辞めた後、一発目のプロデビュー戦で、それ以降今に続くって感じだったりします。
因みにその楽器は今でもレコーディングで使っているらしいので、徹夜仕事でしんどかったけど意味が有る仕事だったなあと。

それからもう随分の時が経ってしまいましたが、今も作業場にはその時の楽器の写真が貼ってありまして、そんな原体験が有るからか、プレーヤーが自分の好みに応じて組んだだけの、そこには自分ではどうにもできない要望とか夢と希望とか、そんな物が一杯詰め込まれている楽器を仕上げて行くのが、ある種の天命でもある様に感じています。

一から作ったり、修理したり、企画したり、海外OEM関係の仕事も楽しいけれど、原点はここだなとつくづく思い出させて頂いたお見積もり依頼でした。

もし家にそういえば、こんな奴が転がっていたなあ・・・とかいう事であれば、
そういった往年の楽器を一度試しに一線級に使える様レストアしてみるなんてのは如何でしょうか?

もしその作業の途中、お困りの事があれば是非ご相談ください。

ご相談はこちらのメールフォームから!


http://i-r-p.net/contacts/



posted by IRP Products at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする