IRP PRODUCTS 楽器の製作/修理ならお任せ下さい

2005年11月07日

フェンダーストラトのフレット擦り合わせ+αその4

フェンダーストラトのフレット擦り合わせ+αその3の続きですかね〜

今の所、何とか連日更新出来てますね(笑)

さて今回は金属パーツの洗浄をやってみましょうかね。いやーまあ結構汚れてまして・・・
埃やサビなどでペグやブリッジの機能も少し損なわれてる感じがします。
放置するのは幾らなんでもアレなんで、分解清掃と組み立て、大まかな調整を行います。

いきなりなんですが
godelsproof様ペグ洗浄前後
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
洗浄前・後の写真ですね(笑)
あまりに埃が付着してしまって、劣化したグリスが滲み出していますね。
煙草のヤニの付着の感じもカッコは良いのですが、触った感じが少しベタつく感じです。
この辺りを、ある薬剤と方法を使って洗浄し、グリスアップしたのが右の画像ですね。
因みにクルーソンのグリス穴から注入する方法は取っていません。
(この辺の方法を知りたい方はメールででも聞いてみて下さい)

godelsproof様ペグ洗浄前後2
6個全部終わらせて、ここは終了します。因みに取り付けビスはステンレス製を使います。
続きを読む


posted by IRP Products at 18:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

フェンダーストラトのフレット擦り合わせ+αその3

フェンダーストラトのフレット擦り合わせ+αその2の続きですね〜

昨晩の宣言通り書いて行きますよ〜(笑)

さて、フレットの擦り合わせまでは前回で終わりましたね。
次は・・ネックのジョイント作業ですか。
(他にもペグ洗浄+グリスアップもやりましたがそれはまた次にしましょう)

といっても写真では、伝わりにくいんですよねえ。こういう作業って・・
godelsproof様ネックジョイント
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
クランプ(圧着機)を噛ませてジョイントを密着する様にしてからビスを入れていきますが、
コレ写真では簡単そうで難しく無いんですが、実際やるとある意味イライラします(笑)
続きを読む
posted by IRP Products at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

フェンダーストラトのフレット擦り合わせ+αその2

フェンダーストラトのフレット擦り合わせ+αの続きですね。

前回はネック分解の所まで進めました。
godelsproof様ネック調整
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
作業前にロッドで最も直線に近い状態にネックを調整して置きましょうか。
(あ、調整前にロッドナットにも色々やっておきます)

で、肝心のフレット状態なんですが。。。。
1〜4F・4〜9F・9〜18F・18〜21Fの4段階に波打ってました・・
と言ってもそんなに酷い物では無く、通常使用にはこのままでも耐えられる範囲内ですが。
今回はフレットがそれ程減って無い訳で、このうねり取りがすり合わせの焦点になりますね。

godelsproof様フレット擦り合わせ
例によってガラス板にサンドペーパーを貼って擦り合わせます。
(実際の作業では指板やネックをフルマスキングして行なってます)

この辺の作業内容は
ネック調整死闘編その4
ネック調整死闘編その5
上記リンク先の記事を参照して頂ければ幸いです。

「うねり取るには・・ここを・・・」となどと思いながらシャーコシャーコと削ってみら・・・・・・
何もトラブル等は無く、すぐにフレット頂点は整ってしまいました(笑)
やってる本人が一番びっくりしてますが。

で、ですね、例によって
godelsproof様フレット成型
フレット上面の成型を全フレット行ないまして終了です。
今回はフレットエッジの成型は行ないません。
正確にはエッジが既にかなりの角度がついていてエッジ成型を行なうと弦が落ちます(笑)
(まあほかにも色んな条件が重なっているんですが)

godelsproof様フレット完成
フレット仕上げてから指板を整えてオイル塗ったら完成です。

ってな訳で、本日はここまで!次はナットですね!
posted by IRP Products at 01:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

フェンダーストラトのフレット擦り合わせ+α

少し前にHN「godelsproof」さんと言う方から、ご連絡がありまして

「ストラトのフレット打ち替えをして貰えませんか?」

と言うご依頼がありまして、色々打ち合わせの後、楽器をお預かりしました。

godelsproof様ST到着時1
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
godelsproof様ST到着時2

godelsproof様ST到着時3

godelsproof様ST到着時4

フェンダーUSAのヴィンテージSTシリーズですね。
塗装等も結構焼けてしまっていて、いい感じの風格を漂わせています。

続きを読む
posted by IRP Products at 02:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 楽器リペア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

Collingsさん!いらっしゃい〜

ご縁が合って最近公私共々お世話になっている方からの依頼で
アメリカの高級ギターメーカ・Collings(コリングス)ドレッドノートモデルの
ナット交換+サドル交換+ピエゾPU搭載の依頼を頂きました。
コリングス到着時
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)
日本の国内代理店さんのHPはこちら
http://www.taurus-jp.com/collings/

このコリングスは比較的後発アコースティックギターメーカーですが
製品の丁寧さでは群を抜いており、プリウォーマーティンを非常によく研究して
さらに改良を加えた良質なモデルを多数輩出しているアメリカのメーカーですね。
価格は国内定価で言うと60万前後が中心となっている様です。
そんな高価なギターですが、購入相談等こちらでお受けして色々アドバイスしていた所、
数本・数店梯子の後、この中古個体に出会い(出会ってしまった?笑)
依頼主様は男泣きの分割で購入されました(笑)

購入時点でナットやサドルの状態があまり芳しくない様で
「交換してよー」「良いですよ〜」的なやり取りの後、こちらでお預かり交換となりました。

とりあえず弾いてみますと・・・
やっぱりと言うか、音色は物凄く「マーティン!」って感じがする様な気がしました。
と言うのも物凄く繊細で綺麗な音でローもしっかりでている訳ですが。
(因みに私のアコギの基準は、ある年代のD-28だったりします)
音だけで楽器を探している方が、「ここにたどり着く」と言うのも良く判る感じがしますね。

所が、残念な事にネックが真っ直ぐな状態でナットが低くブリッジサドルが高いと言う
不可解な状態だった訳ですね〜(どうやら前オーナーが交換したようです)
サドルが高いのは削れば全く問題が無いですが・・・ナットの溝のRバランスに関しても、
オーナー様に取ってはちょっと納得がいかない状態です。

因みに現オーナー様はソロギターや歌伴なんかをやるフィンガピッカーで
開放音とカポは必須ですし・・他の様々な理由からこのセッティングでは完全NGですね。
そんな訳で話し合い後、交換+フル調整する事になりました。

続きを読む
posted by IRP Products at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ナット・サドル関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MID-BOOSTER

お客様のリクエストで製作した楽器内蔵型のミッドブースターです。
基盤完成
(サムネイルをクリックして下さい。画像が拡大します)

これの回路を改造してペダル化したのが「MID-BOOSTER・BOX」だったりしまして、
このタイプの物は、ある程度どう言った形でも製作可能です。
これを基本にいくつかのヴァージョン違いが存在します。

本編の記事は
ミッドブースター製作
ミッドブースター製作その2
ミッドブースター製作その3
こちらになります。合わせてご覧頂ければ幸いです。
posted by IRP Products at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プリアンプ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。